まこちゃんの頭の中には「うんこイコールはる」という方程式があったのかもしれない。
普通だったらお客さんには隠すような事も、ことウンコの話となると包み隠さず教えて
くれた。とある日曜日、

接客中トイレに中座していたまこちゃんが戻ってくるなり

「はるちゃん聞いて!」
「なぁに?」

「いまトイレに行ったら床一面うんこだらけだったさ!」
「へぇ?」

「だから床にうんこがしてあったの!」
「どういう事?」

クドいようだがまこちゃんは浅田真央と瓜二つ。
そんなまこちゃんが酔ってるとはいえ大きな声で「うんこ!うんこ!」と大騒ぎw

「和式の便器の後ろに水みたいなうんこが拡がってたの!」
「あぁ、的を外しちゃったんだね」

「違うの!全部外にしてあって、すご~く臭かったの!!!」
「えっ?わざとっぽく?」

「たぶん酔っ払って分かんなくなっちゃった娘がしたんだと思う」
「え~っ、じつは犯人まこちゃんなんじゃないの?」

「私じゃないから!w 今日下痢じゃないし!」
「じゃ~誰なんだろうね」

「たぶんうちの娘だよ・・・」
「・・・」

ここのビルはお店単位にトイレは無くてフロア単位に設置されている男女別の
共同トイレを使わなくてはならない。でも、日曜日に営業しているのはこの店
だけ・・・、防犯カメラがトイレの入り口に向けて設置されているので男性が
入る可能性は低い・・・今日このビルにいる女性はこのお店で働いてる娘だけ。
深夜なので数人がすでに泥酔していた・・・

結局犯人は分からずじまいだったけれど、その日出勤してた娘はみんな可愛い娘
ばかりだったので、「床下痢」の犯人が誰だとしても想像してるだけで楽しかった。

ただ悔しいのは、まこちゃんに携帯で写真を撮ってきてもらえば良かったって
家に帰ってきてから気付いたこと。まこちゃんなら「はいよっ♪」って撮って
くれたに違いない・・・勿体ないことをした。