ひとり暮らしをしていた頃の話ですが、その当時ぼくの部屋には5人以上の女性のうんこが保存されていました。

まずは冷凍庫の中に現在でも活躍されている徳井唯さんのうんこが小瓶に入った状態で一つあって、その横にもう引退された倉本安奈ちゃんのうんこがやはり小瓶に入った状態で一つ、そしてインターネットサイトでとてもお世話になったこちらもすでに引退されている刹奈紫之さんのうんこが三つくらい入っていたと思う。

当時の僕の冷凍庫の中はかなりキラキラしていたと思います。うんこのオールスター状態ですからね。有名スカトロ女優さんのうんこが詰まってた。

それ以外にあと2人くらいのうんこも小瓶にいれて保存してあったけど、もうそれが誰のうんこだったかは思い出せません。

冷凍以外だと乾かした状態で小瓶に入れた刹奈紫之さんのうんこと、たしか倉本安奈ちゃんのうんこも乾燥保存してました。あと別な娘のうんこも乾燥させて持ってたけど誰のだったかなぁ?もう十数年前の事なので思い出せないです…

大失敗としては、渋谷ClubCUBEの沙千佳ちゃんが北海道遠征に来た時にお持ち帰りしたうんこを冬だったのでそのままベランダに置きっぱなしにして忘れてしまい、それを半年以上経ってから思い出すというのをやらかした事があります。この時は大きなジャムの空き瓶に入るだけお持ち帰りをしたので結構な量があったんですけれど、1月だったか2月にプレイして置きっぱなしにして思い出したのが秋でしたからひと夏を越させてしまったんですよね。物凄い変化を瓶の中でしてました。沙千佳ちゃんのうんこ。

話を戻しますが、結局うんこの保存は全部失敗に終わっています。理由としては以前ここに書いた通りでうんこはお尻から出た瞬間から物凄いスピードで劣化をし始めるのでそれをどうやっても止められないんですよ。

冷凍は?って思いますよね。僕も思いました。

でも、うんこは冷凍中も劣化し続けるんです。なので冷凍したままニオイを嗅いでも解凍してニオイを嗅いでももう「うんこしたて」のニオイじゃなくなってしまうのです。結局捨てるのは勿体ないしそれを出した人には思い入れがありますから冷凍したまま取っては置くのですが、たまに冷凍庫から引っ張り出して「あの時こんなプレイしたよなぁ」と思い出すくらいにしか使い道はありませんでした。それでも十分なんですけどね。

乾燥させてみてはどうだろうと思い乾燥うんこの製造を行った事もあります。最初は少量(耳かき一杯分くらい)のうんこを小瓶に入れ蓋を開けっぱなしにしてうんこが乾くのを待ちました。乾燥すると更に小さくなりますので見た目もなんだか良く分からなくなりますしニオイもそんなにきつくない。これに気を良くした僕はプレイ直後にホテルで乾燥うんこを製造する事を思い付きます。

最初は換気扇が動いている洗面所にうんこをそのまま放置していたんですがなかなか思うように乾かない。仕方がないので僕はドライヤーの冷風をうんこに当てました。若干洗面所内にうんこのニオイが広がりましたが可愛い娘のうんこですからそんなの気になりません。でも思ったほど乾かない。せっかちな僕は熱風に切り替えてそれをうんこへ当てる事にしました。

その瞬間、牧場のニオイを濃縮したようなニオイがうんこから放たれました。これは悲鳴をあげたくなるような異臭です。うあ!って声が出たかもしれません。

慌てて冷風に戻し小瓶に入る程度の乾燥うんこをこしらえました。

毎回「瓶」にうんこを入れるのはやっぱり密閉度がタッパーウェアなんかとは違うからなんですよね。以前タッパーウェアに入れたうんこをそのまま冷凍庫にいれたら冷凍庫も冷蔵庫も全部うんこ臭くなった事があったんですよ。あと、ホテルでプレイした時にタッパーウェアにうんこを入れてお持ち帰りした時に、途中でコンビニに寄って一旦車を離れて戻ってきたら車内があり得ないくらいうんこ臭かったって事もありました。鼻が慣れちゃうので自分では気付きませんでしたけれど、ホテルの駐車場で車に乗ってからたった20分くらいの間にタッパーウェアからかなりのニオイが漏れてたみたいです。

タッパーウェアの名誉のために言っておきますがこの時使ったのは100円ショップで買った「タッパーウェア風容器」であって本物のタッパーウェアではありません。そもそもどちらであってもうんこを保存する目的では作られてませんけれど。

なんか話は散らかりましたが、うんこは保存せずに新鮮なうちに楽しみましょうって事を皆様にはお伝えしたいです。

あと、なんかうんこの保存でもっと凄いやらかしをしたような記憶もあるんですけれど…

それは思い出したときにまたここに書きますね。

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)