プレイも回数を重ねていくと持ち物の中に「あれもあった方がいいな」とか「毎回持ってきてるけどこれ使わないな」とかいろんな事が分かって来るようになります。

実際にどんなプレイをするかによって各々必要なプレイアイテムは違うと思いますけれど、僕が普段プレイをする時にバッグの中に何を入れて持って行くかというお話を今日はしたいと思います。

「新聞紙」
これは産経新聞でも赤旗でも大丈夫です。この場合思想的なものは関係ありません。新聞紙ってプレイ時に色々使い道があるんですよ。
たとえばそのままストレートに床に敷いてその上にうんこをしてもらうという使い方。古くからのマニアの方だったら新聞紙の上でうんこがとぐろを巻く姿に懐かしさを覚えるかもしれません。昔のスカトロ雑誌やスカトロビデオではなぜか新聞紙のうえにうんこをするシーンがたくさんありましたからね。あと、新聞紙に浣腸液やオシッコがしみて黒くなっていく様も味わいがありますよね。
そして意外と新聞紙には消臭効果が期待できます。密封は出来ませんが包み込む事である程度のニオイを抑える事ができます。この何かを包み込むという行為はプレイ後の片付けによく出てきますので僕はいつも多目に(朝刊で3部くらい)持っていきます。

「ジップロックのフリーザーバッグ」
これも重宝します。うんこのお持ち帰りをする時にうんこを入れた容器を中に入れて密封したり、プレイ後の片付けでニオイの発生しそうなものを捨てるときに入れたりします。

「サランラップ」
クレラップでも良いです。でも100円ショップや安売りで売ってるものは避けてください。ニオイ対策等で品質がもろに影響しますので。これは本当に重宝します。新聞紙のうえにうんこをさせるのに興味のない方は床にラップを敷いてそのうえにするとお持ち帰りも楽ですし掃除も楽です。あとニオイ対策でうんこを入れた容器ごとラップでグルグル巻きにする事もあります。

「ペットシート」
もしくは介護用のフラット型のオムツ。これは吸水性に優れますのでプレイ内容や女の子のお腹の調子によっては必要になってきます。大量の下痢便ですと新聞紙やサランラップでは対応できない事がありますので。

「捨ててもいいフェイスタオルやバスタオル」
ホテルのタオルをうんこで汚してはいけません。おしっこでもです。なのでプレイ中は基本的にホテルのタオル類は使いません。使うとすれば最後にお風呂に入るときくらいです。これも薄いのでいいので複数枚欲しいです。100円ショップで売ってるバスタオル(っていうか大きめのフェイスタオルみたいなの)が便利です。

「その地域の指定ゴミ袋」
これ重要です。ラブホテルだからといって使用済みのうんこで汚れたものをそのままゴミ捨てに入れてはいけません。放置だなんて論外です。基本的にラブホテルであってもニオイが出ないようにしっかり汚れたものを密封した状態にして、その地域の指定のゴミ袋にすべてを入れてあとは捨てるだけの状態にしてから帰ってきます。清掃の方はそのゴミ袋を捨てるだけでいいようにしておきます。これはラブホテルの場合でそれ以外のホテルの場合うんこのゴミは持ち帰りします。

「大きめの紙袋」
ゴミをお持ち帰りする時用

「コンビニ袋」
地域指定のゴミ袋はどこも半透明ですので中身が透けて見えてしまいます。なので新聞でゴミを包んでからゴミ袋にいれるのですが、ゴミ袋いっぱいの新聞紙って結構目立つんですよ。なので新聞に包んだ後にコンビニ袋へ入れてからゴミ袋に入れます。スーパーのレジで買うプラスチック袋の方が大きくて便利かもしれません。

「うんこお持ち帰り用の容器」
100円ショップで買ったお弁当箱やタッパーウェア、ジャムや薬の空き瓶等。

基本的にはこれをいつもバッグに入れてプレイをしに行ってました。これだけを常に入れたプレイ用のバッグも持ってました。

これ以外だと100円ショップで買った竹炭や不織布に入れられた活性炭なんかも持っていく事があって、うんこを入れたお弁当箱をラップで幾重にもグルグル巻きにしてジップロックのフリーザーバッグに入れるときに一緒に入れたりしていました。

一時期はイソジンだったりワセリンだったりも持って歩いてましたが、イソジンは女の子がお店から持ってきているので使わせてもらえるし、ワセリンはアナルセックスをする時以外は特に使わない事がわかったので持っていくのを止めました。浣腸器の潤滑油的な役割は女の子がお店から持ってきているローションで別にいいですし。

あとはその時々でエネマシリンジやイチジク浣腸を持っていったこともありますが、基本的にはその場でプレイ内容を変える事はあまりありませんので使う事はほとんどありませんでした。

これが僕のプレイ用バッグの中身です。

具体的にどう使うかは②で

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)