子供の頃から死なない程度に身体の弱かった僕は、いまだに月一回のペー
スで病院に通っているんですけれど、 一年くらい前にそれまでずっと僕の主
治医だった先生が急に退職してしまって、それ以来ぼくの主治医は女医さん
なんですよ。

10年前にも一度だけ診てもらったことがあるので、その当時大学を出たばか
りだとしても現在三十路の真ん中らへんという年齢のはずなんですが、一年
前に再会した時も10年前に診てもらった時も見た目が何一つ変わってない
事にビックリしたんですよね。

そう書くと三十代でありながらまるで大学を出たてのピチピチのお嬢ちゃんと
いう姿を想像するかと思うんですがけっしてそういう訳ではなく、10年前から
年齢がよくわからないタイプの女性だったんですよ。10年前も今もいつもスッ
ピンですし、髪も 「美容室行ってます!」 っていう感じでもなかったし。 10年
前は飲み屋さんや風俗で派手な若い女の子にたくさん触れ合ってた時期だっ
たので地味な先生のことを「こんな女性もいるんだな」程度に思っていました。

でも、 一年前に久しぶりに会ってみるとこれがなかなか 「いい女」 に見えて
くるんですよ。ぼくが当時から10才年をとったからこその感想なんでしょうけ
れど、 10年前と何も変わらない先生の事がとても魅力的に感じられたんで
すよね。これは別に医者だから年収が高いとかそういった付加価値でそう思
ったわけではなく、見た目というか佇まいがとても魅力的に思えたんです。

小柄で華奢で・・・控えめな口調と物腰。 見た目のイメージとしてはちびまる
子ちゃんをそのまま大人にしたような顔と髪型なんですよ。ちびまる子ちゃん
のまんまるの黒目だけの顔ってわかります?ちびまる子ちゃんって白目なし
の黒目だけの顔で描かれてる時がありますよね。あの顔を大人にしたような
感じなんです。もう「素朴」の一言で言い表せてしまう。 いや、「超素朴」って
感じかな。

いつの間にか僕は月に一度先生に会いに行くのが楽しみになっていました。
で、当然の如く先生のうんち姿なんかを想像したりうんちそのものを勝手にプ
ロファイリングしたりしてたんです。 「先生の身長だったら洋式トイレに深く腰
掛けたら足がプランプランしちゃうだろうな・・・」とか「和式便器にちっちゃくな
って丸まりながら踏ん張ってたら可愛いな」とか、あと「食が細いタイプっぽい
からうんちは猫のウンチみたいな細いのがちょっとだけかな」とか・・・

そんな先生が先日夢の中に出てきました。