カテゴリー「 スカトロ女優 」の記事

7 件

miyati
僕はみやちぃのこの表情が大好きです(*゚▽゚*)

★村長はる★
毎回同じ言い訳から入りますが、この娘をスカトロ女優と言ってしまうのはなんだか申し訳ない気がするのです。そもそも僕の知る限り宮地奈々名義ではうんこをしていないわけで・・・ ただ宮地奈々名義でもオシッコものには多数出演してますしレイディックスの「妹はあまえんぼう」シリーズではおならも披露してますので宮地奈々名義でも一応スカトロ女優と呼ぶことが出来ると思います。

そして・・・
miyati02

あの人気シリーズ「TOKYOガールズうんち」の記念すべき第一弾で極太便を披露しています。ぜひ皆さんにはこの作品をヘッドフォンをして大音量で聞いて欲しいんですよ。みやちぃの「ぷすぅ~」っていうガチンコすか屁が楽しめます。断言します!これ臭いヤツです(`・ω・´) 
miyati03

うんちをし終わった後の表情の変化が見ていて愛おしくなってきます。顔を真っ赤にして恥じらうんですよね。もうちょっとあっけらかんとしたリアクションをするのかなと思っていましたが良い方向に裏切られました。便器内のうんちを見せないように防御する姿も可愛いですね。あっ、やっぱりニオイが恥ずかしいんだ・・・ あぁ胸いっぱいに吸い込みたい(*´д`*)
miyati04

うんちをする前とした後の表情の違いや態度の違いに注目して見てみると面白いです。可愛い娘が自分のうんちを恥ずかしがってる姿ってもの凄く愛らしいですよね。みやちぃの心の奥底にある羞恥心の滲み出し方が堪らなく良いです( ・∀・)イイ!!
miyati05

そして引退直前にこんな作品に出演しました。
miyati06

うんちの汚物感を消すような作りなのでイメージシーンが多いのですが、それでも3回うんちをしてくれてこんな匂い発ちそうなのも見せてくれました。この繊維質っぽい未消化物は本作のロケ地だった沖縄料理の残骸なんでしょうね。あぁ、ザルで洗って未消化物を曝したい・・・
miyati07

こんな感じのイメージシーンが多いのですが・・・
miyati08

うんちシーンもちゃんと収録されてます。
miyati09

下のうんちは3回中唯一室内での撮影によるものです。室内なのでぷりぷり音がキチンと収録されています。僕がこのうんちで注目したのはみやちぃの肛門の動きなんですよ。あくまで憶測ですがきっとみやちぃは自身のうんちが緩めであることを予感していたのでしょう。勢いを殺すような肛門の動きを見せています。きっと大きな音を立てて勢いよく排便したくなかったんでしょうね。そんな気遣いの感じられる排便でした。それでも最後の方にポンッとうんちが弾けちゃうんですけれどねw 室内はニオイも篭るのでみやちぃの羞恥のコメントも頷けます。
miyati10
次のイメージシーンでちょっと気になるところがありました。これって・・・おならですよね?残念ながらイメージシーンなのでBGMオンリーで音声は聞こえないんですけれど、このみやちぃの照れ笑いを見ている限り・・・多分・・・ガチの水中屁です。ここの会話が聞きたかった(´・_・`) あぁ、このみやちぃのおならを洗面器に受け止めて深呼吸したい(*´д`*)
miyati11
そしてこのマンガみたいな「巻きグソ」www こんな可愛いお嬢ちゃんが浜辺でうんちをしてるだけでも素晴らしのにその作品が芸術的逸品だなんて・・・奇跡が収められた瞬間です!
miyati12あっ、「みやちぃ」は当時呼ばれていた宮地奈々ちゃんの愛称です。

1342wmv000839503

★村長はる★
この娘をスカトロ女優と言ってもイイものなのかかなり迷いますけれど、ここはぷりぷりうんこ村流に「一回でもAVでうんこをしたらスカトロ女優」と乱暴に括っちゃいます。正直な事をいうと僕もこの娘がうんこをしている作品を2つしか見たことが無かったりします。両方共SMものでした。この娘が純然たるスカトロ作品に出たという記憶はありません。

それでも僕はこの娘で一本記事を書きたくなりました。

みなさんは今ここを読んでくれてるという事は、多少でもうんこに興味があるって事ですよね?
もしうんこに興味があるんだったら、自分が好きな娘のうんこを想像したことってないですか?

僕は変態をこじらせているので別に好きな娘じゃなくてもちょっと気になった娘がいれば自然にその娘のうんこを想像したりするんですが、みなさんも「この娘はお腹緩そうだな」とか「棒みたいな硬便をしそうだな」とか想像したことないです? 僕はそれをスカトロ作品を見ながらもやってるんですよ。最初のシーンでその娘が現れた時から「この娘のうんこは・・・」って想像を始めるわけです。

1342wmv002738096 1342wmv002740065
で、川上ゆうちゃんの登場です。

この柔和な顔立ちを見た瞬間、僕は「柔和なうんこ」をして欲しいという願望が湧いてきました。

1342wmv0027435351342wmv002886844

はたしてゆうちゃんのうんこはプリプリという穏やかな音ともにヒリ出された正真正銘の「柔和便」でした。硬すぎず、かといって軟便でもなく、胡瓜の古漬けのようなフォルムの優しいイメージのうんこ。まさしくゆうちゃんの作品に相応しい。

1342wmv002975232
そんな「想像通りのうんこが出た」瞬間に僕は何とも言えない達成感が湧いてくるのです。

柔和な女性のやさしいうんこからはニンニクのニオイや野菜が腐ったような腐敗臭ではなく、ぜひ硫黄のようなニオイにちょっと乳っぽい匂いが混じったニオイが漂って欲しいのですが、実際にこの現場には一体どのようなニオイが漂ったんでしょうね。

川上ゆうちゃんは息の長いAV女優さんです。2004年から2007年までは森野 雫という名前で活動してました。31歳になる現在も現役で活躍されてるんですね。先日、あの居酒屋竜ちゃんに現れたらしいですよ(*゚▽゚*)

犬神涼監督にじっくりと羞恥排便を撮って欲しい女優さんです。

先日なにげなく分庁舎の管理画面で、来訪者がいったいどんなキーワード
検索をしてうちにたどり着いたのかを眺めていたのですが、 そこで意外な
キーワードを発見しました。

「麻生みく」という名前を検索してうちに来ている人が結構いたんですよ。
もう10年以上前のスカトロ女優さんです。

shot0003

なのに毎日のようにコンスタントに「麻生みく」というワードを検索してうちに
たどり着いている人がいるんですよね。 たぶん「麻生みく」 でググると一ペ
ージ目に分庁舎の記事か出てくるからだとは思うんですけれど、それよりそ
もそも 「麻生みく」 を知っている人がいまだにこんなにもいるんだなと思った
らちょっと嬉しくなりました。

僕がこの娘を初めて見たのはスカトロ雑誌のグラビアだったと思うんですが、
その時の印象ってとくに何もなかったんですよ。写真で見る限りそんなに可
愛くなかったですし、その時のうんこも別に特徴的なものでもありませんでし
たし・・・たくさんいるスカトロ女優さんの中の一人でしかなかったんです。

ところが「麻生みく」はその後メキメキと頭角を現し始めます。
なんといっても写真より動いたり喋ったりしている方が何倍も可愛かった。

そしていつも大量のうんこをひり出すのです。

普段から結構いい量のうんこを見せてくれる娘だったんですが、やはりあの
「口全ハイセツ10」 でひり出した人間の限界を遥かに超えた量のうんこが
この娘を一気に伝説のスカトロ女優にまで駆け上がらせたのだと思います。
僕が見たグラビアのときはたまたま普通の量だったんですね。それ以外は
いつも僕たちの期待に応えてくれる信頼の厚い女優さんでした。

僕はこの娘の声を聞くと「○りピー」を思い出すんですよ。なんか声が似てる
気がするんですよね。でも酒○法子を見てもこの娘を思い出さない不思議・・・w

この娘もほかのスカトロ女優さんたちと同じく活躍していた期間は短かったで
すが、現役期間中は主にGIGAなどのメーカーで活躍してましたね。

あっ、ちなみに分庁舎の方からこの娘の無修正動画が購入できますwww
宣伝です(`・ω・´)シャキーン  「口全ハイセツ10」

修正アリでもよかったら → 「DUGA 麻生みく 検索結果」

さぁ~て、今日は久しぶりにみくちゃんのうんちでオナニーしてから寝ようかな♪

僕が知らないだけなのかもしれないけどスカトロ作品に出演している女優さんで
最近輝いてる人っていないかもしれない(´・ω・`)

今日紹介する田畑百子ちゃんが雑誌やAVでぷりぷりしてた頃は彼女以外にも
たくさんのスカトロ女優が活躍していた時期で「スカドル」なんて言葉もあったくら
いスカトロ業界が盛り上がっていました。今から10年ちょっと前かな・・・

そんな中でも百子ちゃんは一際輝いていました。

詳しい経歴は「田端百子wiki」を見てください。ここではスカトロ女優田畑百子に
対する僕の主観的な感想を書きたいと思います。

この娘を初めて知ったのは確かスカトロ雑誌のグラビアかレビュー記事だったと
思います。どちらが先だったかは失念しましたがレビュー記事の評価が思ったより
高かったという事だけはなぜか覚えています。それはきっと見た目の印象とレビュ
ーの評価が僕にとって少し違和感があるものだったから。

写真を見た僕の第一印象は「垢抜けない娘だな・・・」でした。
582634
確かに田舎臭い顔に華奢な体というコンビネーションは地味な娘のうんこが好き
な人にとっては堪らないものがあるとは思うけれど、それにしてもそのレビューは
それ以上の評価を与えている。レビュアーの個人的趣味なんだろうか?そう思っ
た僕はそれ以上自分からこの娘の作品に興味を持つことはありませんでした。

しかし、直ぐにまたこの娘の存在を意識するようになります。なぜかインターネッ
トの掲示板でもこの娘の評価が物凄く高かったんですよね。何やら仕草や恥ず
かしがり方が最高だという意見が多かった。そんなに羞恥系なのか?

そうなると羞恥的排便が思いっきりツボにハマる僕は急に興味が湧いてくる。
早速24時間営業のアダルトDVDショップに車を走らせ作品を買ってきました。

なるほど写真とは全く別の印象を受ける娘だ・・・声が可愛い。仕草も可愛い。
写真映えしない娘のようで動いてる姿の方が何倍も可愛い。パッとしないように
写っていた写真もDVDで動いてる姿を一度見てから見直すと不思議と可愛く思
えてしまうくらいにインパクトが凄かった。レビュアーの意見を素直に聞けばもっと
早く見る事が出来たのに!

胸はないけれど清楚系の容姿に可愛らしい受け答え、恥ずかしがる時に口元に
手のひらを当てる昭和チックなリアクション。小ぶりなお尻に艶々な肌。色素沈着
が薄くて荒れのない肛門。すべてが僕のツボにハマりまくる。

でもやっぱり一番ツボにハマったのはこの娘の「羞恥」でした。
とにかく恥ずかしがる。排便中のちょっとしたおならにもいちいち反応を示してくれる。
いや、もはやおならですらない排便前のプチッという肛門の鳴りにも「イヤっ!」と恥
ずかしがる。

「イヤァ~ッ!」
「イヤン!臭い!」
「イヤァ~!なにコレ?なにコレ?」

一旦排便動作に入ると排便中に起こる一つ一つの事象に全て反応を示してくれる。
かすかな音やニオイに対し撮影者が指摘する前に自ら恥ずかしがってくれる。見て
いて、あれ?いまの音おなら?なんて思うと同時に「イヤァ~!恥かしい~!」と恥
ずかしがるので聞き逃しがない。しかもニオイは画面から伝わりませんから撮影者
が指摘するか本人の自己申告以外にそれを知る方法などありません。この娘のよ
うに「臭い!」と瞬時に反応してくれると安心して見ていられる訳です。

色々とこの娘の作品を集めましたが、やはり羞恥排便系の作品で良い仕事をして
います。今はもう一般映画監督となってしまった井口昇監督の作品やRADIXで一
時代を築いた犬神涼監督の作品で良いのを残していますね。2人とも手法は違い
ますが女の子の羞恥心を引き出させたら凄いですから。

ウチで紹介してる作品は → ここ

監督は違いますし作風も違いますがここでもしっかり羞恥する姿で僕たちを魅了し
てくれます。

その後、インターネット上での評価が2手に別れ始めました。

「うんこをする時にうるさすぎて音が聞こえない」
「いや、その恥ずかしがる所がいいんだ」

たしかに排便中の全ての事象に過敏に反応するので排便音が聞こえにくいとい
うのは事実でしたが僕自身はそれほど気になりませんでした。
ただ、「イヤァ~!なにコレ?なにコレ?」と排便中ずっと言い続けてる時には心の
中で「それは貴女の屁の音ですがな・・・」とツッコんでいましたが・・・(。-∀-)

前出の井口監督が以前書いた本の中でこの娘の事をどんなにパニックになってい
るようでもまだまだ余裕が感じられると評してましたが僕は少し違った見解を持って
います。

羞恥しているのは事実なんでしょうが、この娘はそれをパニック状態になる事で自分
の土俵の中に引きずり込んで勝負をしたいんだなと思うんです。

わかりにくい表現でごめんなさい。

激しく羞恥する事によって主導権を握るという手法を使ってるんじゃないかという疑念
なんです。しかしそれはテクニックとしてというよりは無意識のうちにやっているんじゃ
ないかと・・・

上記の作品ではありませんが、とある作品で監督の指示に従わずに勝手な行動をと
って怒られるシーンが収録されているものがあるんですよね。

きっと「恥かしい」という感情が強いというのは事実なんでしょうけれど、この娘の場合
その羞恥心の受け取り方や処理の仕方が少し独特なのかなと思うんです。

あえて大騒ぎしたりパニックに陥ることで一見真正面から羞恥心を受け止めているよう
に見せて実はそのおならの音や漂う便臭から逃げているんじゃないかな?という疑念
です。いや、AV作品や嬢になに熱く語ってるんだという話ですが(´▽`*)アハハこの娘に
関してずっと思っていたことがこれなんですよね。

批判しているような感じになってしまってますが、この娘は間違いなく僕の中で1~2を
争う女優さんです。いまでもヘビーローテーションでお世話になってますよw
これからも分庁舎の方でこの娘の作品をレビューしていくつもりです。

一時期池袋の風俗店エルドラド系の娘たちと作品で共演していたのでそのままお店に
入る事を期待していたんですが、それが叶わぬままに引退してしまいました。

こんな娘がスカ風俗にいたらどんなに良いだろう・・・

てゆーか、嫁に欲しい。

先日ここのブログで「スカトロ女優に思う」「スカトロ女優 森下優子」
という文章を書きました。そこでいう「スカトロ女優」とは「媒体でう
んこをしてくれた娘」という意味だったのですが、はたして「スカトロ
女優」という言葉には本来どういった定義がなされているのでしょうか?

掲示板でのすかっとまにあさんとのやり取りにも書いたのですが、じつ
はなにげなく「スカトロ女優」という言葉を使っていた僕は、お気に入
りの女優さんについて今後ブログを書いていこうとしたときに言葉の定
義に行き詰ってしまいました。すかっとまにあさんが指摘されている「
ウンチ排泄しただけでスカトロ女優というレッテルを貼るのはどうか」と
いう点です。ここ最近ずっと考えていた事なのですかっとまにあさんの
指摘にはドキッとしました。本当にすかっとまにあさんの仰る通りです。

世の中にはスカトロ作品にしか出演した事がないまま引退する娘もいる
にはいるのでしょうが、そういった娘は全体から見るとかなりの少数派
だと思われます。「スカトロ女優」という言葉を使っても問題がないと
思えるくらいスカトロ作品で大活躍した倉本安奈嬢も、ロリ系作品でフ
ァンになった方たちから見れば「うんこさえしなければ・・・」と言わ
れてたりしてますからね。たとえ倉本安奈嬢がスカトロ女優だとしても、
長いキャリア中の数本だけスカトロ作品に出演した娘と一緒にならべて
「スカトロ女優」として括ってしまうのはやはりちょっと乱暴な気もし
ます。なかなか難しい問題ですよね。

いろいろ考えての上ですが、「スカトロ女優」という言葉に対してのぷ
りぷりうんこ村なりの解釈はこうする事にしました。

今後ぷりぷりうんこ村内では「スカトロ女優」という言葉を「スカトロ
(作品に出演した事のある)女優」という意味で使用していきます。

出演作品のそのほとんどがスカトロ作品だという娘も、長いキャリアの
中で引退作だけがスカトロ作品だという娘もぷりぷりうんこ村内では同
じく「スカトロ女優」という事になります。ただし、あくまで便宜上で
そう定義するだけですのでぷりぷりうんこ村としてもその両者をまった
く同じに扱う事はありません。たとえば宮地奈々という娘は沢山の出演
作品の中たった数本だけうんこを披露している作品があるのですが、ぷ
りぷりうんこ村としては便宜上「スカトロ女優」という括りに入ります。
でも僕個人としては奈々ちゃんは「スカトロ女優」じゃないと思ってい
ますしブログ上でも「スカトロ女優」と強調することはしないようにし
ます。「一般作でも普通に抜けるくらい素敵な娘がうんこまで見せてく
れた。」ってスタンスですし実際そう思ってます。上手くいえないです
けどこんな感じでこれからもいこうと考えています。

ちょっと長くなりましたがこれからもぷりぷりうんこ村を宜しくお願い
いたします。★村長はる★

森下優子といえば80年代に「うんこといえばこの娘」と謳われた、
現代のスカドルたちの始祖たる人物です。当時活躍していた他の女
優たちと同じく裏本や裏ビデオへの出演がたくさんあった方ですが、
「AV」「裏本」「裏ビデオ」などの境界は今よりも漠然としてい
た時代の話です。彼女はそれぞれに当時名作といわれた作品での活
躍がありました。

恥ずかしながら僕の初オナニーのおかずが雑誌での彼女のうんこシ
ーンでした。2色印刷の偽カラーページで、彼女はベッド上でイチ
ジク浣腸を施し、なぜかアウトドア用のアルミのお皿の上にうんこ
をしていました。ウサギのうんこのようなコロコロのうんこ3~4
個ヒリだしてからの「スカトロは苦しいからもうやらない!」とい
うインタビューに、当時田舎の純朴リアル厨房だった僕は(この人
はきっと悪い人に騙されてこんな事をしてしまったに違いない)と
同情を禁じえませんでした。その後、この方はスカトロクイーンで
雑誌どころかビデオでまでうんこを披露していると知るわけですがw

初めて買ったAVも彼女のもので、CUBEで裏流出した「プリテ
ィ・ドーナッツ」という作品でした。この作品は室内での浣腸によ
る水っぽいおならの連発も良いですが、野外での野糞シーンでヒリ
出す極太便も印象的でした。あと初期のビデオインターナショナル
でも活躍してましたよね。僕のちんちんはこの人に鍛えられたと言
っても過言ではないと思います。優子さんありがとうございます!

私生活ではかなり辛い思いをされたり色々あったみたいですが、い
ま熟女スカで復活したら間違いなく買っちゃうんだろうなぁ~

普通にしてたら美形なのに「良いうんこ」と「良いおなら」をヒリ
出し、しかもノリも良い。あのままでうまく歳を重ねているのなら
今現在の彼女のうんこは商売になるような気がするんですよ。

個人的な思い入れでそう思っちゃうのかな?

分庁舎のレビューを書くために、去年から連日かなりの数のスカ
動画を見ているのですが、改めて思うのは、最近のスカ動画に出
てくる女優さんが昔に比べて随分キレイになったということです。

先週、分庁舎のレビューで「スカトロ断食道場」という少しふざ
けた企画をやったのですが、そこで取り上げた女優さん達はとも
かくとしてここ10年でスカトロAVに出演する女優さんのレベ
ルは格段にあがりましたね。

10年前なら単体女優で行けただろうという娘がうんこを見せて
くれる。いや、20年前ならAVに出演する事などなかっただろ
うというレベルの娘が今では普通にスカトロAVに出演している。

大手AVメーカーのスカトロ参入などでスカトロ業界にもデフレ
的な事が起きたのかもしれませんね。女優さんのレベルが上がる
と同時に「偽糞」や「羞恥心の欠如」という大きな問題も浮上し
てきて、女優のレベルと作品の内容が反比例するという皮肉な結
果を招く事にもなった。あくまで全体像としてですけれど。

でも、これってAV界だけの話じゃなくて一般女性のレベルが上
がったという事も関係ありますよね。昔みたいに二度見しちゃう
くらいの不細工って最近あんまりいませんしw

ブルーフィルムの時代を除けはAVがこの世に現れてわずかまだ
30年程度です。ちょっと前まで中年女性がセーラー服を着てう
んこをしてたのに、いまでは下手なアイドルより可愛い娘がぷり
ぷりとうんこをする時代にまでなりました。媒体はVTRからネ
ット配信やブルーレイに変わりましたが、内容的には女優さんの
レベルが上がった以外にそれほどの進歩はありません。3Dも見
せ方の進歩であって必ずしも内容が進歩するわけではないですし。

なんか物凄く偉そうな事を書いちゃいましたけど、やっぱり可愛
い娘がうんこを見せてくれるのは嬉しいんですよ。単純に嬉しい。

これからスカトロ業界はどういった方向へ進んでいくのでしょうね。
不安もあるけどやっぱり期待の方が大きいです。

PAGE TOP