2012年6月

2 件

久しぶりに「くりぃむナントカ」を見たんですけれど、大木ちゃんこと
大木優紀アナの変わらぬ可愛さにメロメロになりました。もうお気
付きの方もいらっしゃると思いますが僕のブログで誰かを例える時
に女子アナの名前が結構たくさん出てきます。

女子アナ好きなんですよねw

分庁舎でレビューを書いている時に「○○似」を例える時もアイドル
なんかより全然女子アナで例えることが多い訳で・・・

今日は大木ちゃんのうんこシーンを想像しながら寝よう。

できるだけリアルに・・・

臭いまでリアルに・・・

ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

つい数日前の話です。
いつも仕事中に寄らせてもらってる大きな病院のトイレ。以前そのトイレで看護師さんの
おならを聞いた事があるんですけれど、じつはそれ以降も次なるチャンスを狙って頻繁に
そのトイレを利用させてもらってたんですよね。大きな病院のロビーにあるトイレなんでた
とえ毎日使ってたとしてもそんなに目立たないというのも気軽に寄れる大きな要因でした。

しかし、なかなかそんなに都合良く素敵なサウンドが聞ける訳もなく、いつしか本来の目
的を自分でも見失ってしまってここのトイレは「単に使い勝手のいいトイレ」に成り下がっ
ていたんですよ。いや、普通の人はこっちの方が本来の目的なんでしょうけれどw

で、ついこのあいだ仕事中にここのトイレを使っていたんです。時間がお昼過ぎだったので
比較的ロビーは閑散としていました。もう本来の目的なんて忘れてますんで何の期待もせ
ずに小用を足してた訳です。そうしますと、廊下から足音が聞こえてきてそのまま女子用の
トイレに誰かが入っていったんですね。ここのトイレは入口に扉がなく中に入ってから男女
二手に分かれるタイプなので案外音が筒抜け。だから前回のように看護師さんのおならが
聞こえちゃったりもする訳です。急に本来の目的を思い出した僕は気配を消しました。しばら
くするとジョボジョボジョボ~~~という便器内の水たまりに水流が当たる音がハッキリと聞
こえて来ました。音消しはしてません。カラカラカラッ・・・ ここでペーパーを巻き取る音。ど
うやらこの女性は音消しをする意思が全くない模様です。という事は多分高齢者・・・良くても
中年以降の医療従事者、過去の経験から僕なりのプロファイリングが終わりました。

僕はひと足先にトイレから出て少し離れた場所から入口に出入りする人を眺める事にしま
した。病院内が閑散としていたため先程から男女ともトイレに出入りする人はおらずに次に
出てくる人が「ジョボジョボ」の人という事になる。

さて、プロファイリングの答え合わせの結果は・・・

セーラー服の女子高生でした。おぉ、JKのサウンドだったのね。でも、トイレの神様の憎い
演出で演奏者に飛びっきりのブサイクちゃんが選ばれていて興奮のしようがありません。

これでぷぅ~とかプリプリとか聞こえていたら興奮したんでしょうが、もともとおしっこの
音にそれほどの興奮しないタチの僕は案外冷静にこのサウンドを受け入れていました。

でもなんか物凄く癒されたんですよね。

JKのおしっこサウンドで爽やかな気持ちになる僕・・・強烈に変態だwww

この話にこれといったオチはありません(゚Д゚)ノ

PAGE TOP