2017年1月

7件の投稿

何度体験してもホテルの部屋で嬢を待つ瞬間は良いものだ。
お店へ電話をしてから嬢がやってくるまでの数十分。マラソン大会や徒競走のスタート前みたいな吐き気を伴う緊張感と、今日はどんなプレイをしようかな?今日はどんなうんこと出逢えるかな?という期待が相まったなんとも言えないドキドキが襲ってくる。

僕の風俗遊びに3大悦楽が有るとするのなら、そのひとつには間違いなくこの嬢を待つ時のドキドキが入ってくる。あとは嬢の排便を見る瞬間と手や口で射精させてもらってる瞬間だ。この中の一番は排便を見ているときだが二番目には射精ではなくこの待っているドキドキが入るかもしれない。それくらい僕はこのドキドキが大好きだ。

今回は初めてビジネスホテルで嬢を呼んでみた。デリヘルをよく呼んで遊んでいた当時は札幌に住んでいたので、自宅を業者に知られたくなかった僕はわざわざススキノのラブホテルに入って嬢を呼んでいたが、今回は地方から札幌に泊まりで出向いている。お店のホームページにデリヘル利用可能なビジネスホテルが書いてあったのでその中から今回宿泊するホテルを選んだ。いつも通院で利用しているホテルはこのホームページでは利用不可となっていた。確かに必ずフロントの前を通過しなければエレベーターに乗れないしいつもフロントに人がいるので嬢がその前を通過するのはまず不可能だろう。ただ今回のホテルは入り口が複数箇所あるうえにルームキーをフロントに預けずに外出できるので、傍から見ている限りではそれがお客なのか嬢なのかは判断が付きにくいのだろう。

20分で到着すると電話で言われたが、その20分の間に緊張で2回トイレに行った。箱モノ風俗は数か月前に解禁したが女の子のうんこはもう何年ぶりかを忘れてしまうほど見ていなかった。今回のドキドキは緊張の成分が多い。僕は飲むブレスケアを何粒も噛んでは飲み込んだ。

 

コンコンッ

「は~い!」
「こんにちは~ 中村さんですか?」(中村は僕の風俗ネーム)

ホームページの写真とそれほど相違のない華奢な女性がそこに立っていた。

「あっ、どうも(・∀・)」
「茜です。」

「そのへんに適当に腰掛けて・・・って何か飲む?」
「あっ、持ってきてるから大丈夫♪」

そういうと大きなトートバッグからお茶を取り出して飲んでみせた。

 

さぁ、ここから浣腸の交渉だ!負けられない戦いがここにだってある。

 

「オプションの件なんだけれど・・・」
「あ~それなんだけどさぁ~」

なんか見た目と口調にギャップがある。が、不快なことは全然なくさばけた感じのサッパリとした女の子のようだ。

「できない・・・の?」
「できれば・・・したくない(´・_・`)」

「したいw」
「わたし頑張って気持ちよくしてあげるよ!それじゃ駄目?」

「今回の目的はうんちなの。してるところが見たいの。」
「浣腸しても出ないと思うよ(´・_・`)」

「それはやってみないと分からないし出なかったら出なかったで良いからするだけしてみようよ!」
「浣腸するとお腹痛くなるし・・・(´・_・`)」

「浣腸器は持ってきたの?」
「一応・・・(´・_・`)」

「ガラス製の浣腸器なんだから量をそんなに入れなかったら痛くないよ。イチジクじゃないんだし・・・」
「う~ん・・・どうしてもしなきゃ駄目?(´・_・`)」

なかなか手ごわいぞ・・・でも茜ちゃんのこの感じ・・・もしかしたらお姉さんタイプの娘なのかな?僕の弟気質センサーがビンビン言ってる。これは高圧的にいくより懇願したほうが上手くいくかもしれない。

「お願い!出なくてもいいからお湯だけ入れさせて!」
「え~~~」

「たとえお湯だけでもしてくれたら満足するから・・・お願い!」
「え~本当に?」

「本当!お願いします!」
「もぉ~わかったよ。」

「ありがとう(・∀・)」
「でも出ないかもよ(´・_・`)」

「いいの。それでも嬉しいの!」
「もぉ~wしょうがないなぁwww」

必死に懇願する僕の姿が面白かったのか茜ちゃんが困った表情から一転して笑い始めた。

よし!茜ちゃんの下に潜り込めたぞ!

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

ソフトSMって事は所謂「なんちゃってSM」なんだよな・・・
デリヘルのオプションにSMっぽいのがいくつかある感じなのかな・・・

あまり期待せずに情報を読み進めていくとそのオプションの中に浣腸があるのを発見した。しかもオプション料金2000円。『2000円!?・・・まさか!』慌ててもう一度その内容を読み直す。この値段だと受け側が僕の可能性もあると思ったが、僕がみていたのはSコースのオプションだ。M女を相手にすることを考えればこの場合の浣腸の受け手は女性側であると考えたほうが腑に落ちる。

『そうなんだ・・・今はそんな時代なんだな・・・あっ、でも女の子のレベルが!』

可愛い女の子はソフトな内容にしか対応出来ず、浣腸などのハードな内容の時はとんだトンマルキさんがやってくるのがこの業界のお決まりだ。僕はあまり期待をせずに一人ひとりのプロフィールを調べていく。が、おかしい・・・可愛い子の何人かがオプションの浣腸にOKを出している。マジなのか?

こうなったら実際に試してみるのが一番話が早い。僕は次の連休をその日と設定することにした。

その日がやってくるまでに僕は気になる娘をひとり見つけていた。源氏名は「茜」ちゃんだ。痩せ型の低身長に童顔。いままで僕が浣腸風俗でお相手してもらった娘の中ではAV女優としても有名だった倉本安奈ちゃんに近い雰囲気を持っている娘だった。あとは僕の連休に茜ちゃんが出勤してくれるのを祈るだけ。もしもその日に茜ちゃんが出勤しなくても浣腸の出来る娘だったらもう誰だって良いとまで思っていた。ジミーちゃんブー子とのプレイを経験している僕に恐いものなんてなにもない。

プレイ予定日前日に予約を入れると茜ちゃんも出勤だとの確認が取れた。しかし、僕はここで少し躓いた。

「M女コースの60分で指名は茜さんです。あとオプションで浣腸をお願いします。」
「はい。茜さんで60分コースですね。で、オプションの浣腸なんですが、茜さんがお客様のところに到着しましたらお客様から確認をして下さい。」

「え?浣腸OKの娘でしたよね?」
「はい。ただその日に出来るかどうかは体調などもございますので本人に確認して下さい。」

なんていうことだ!これだから札幌のSMクラブは信用出来ないんだ!っていうか、SMクラブじゃなくてソフトSMデリヘルか・・・なんだよ・・・もう(´・_・`)

もう後には引けなくなっていた僕はそのまま予約を入れる事にした。あとは個人交渉なのか・・・上手くできるかな・・・

不安と腹立たしさで軽い混乱状態に陥った僕ではあったが、無料オプションだったコスプレをオーダーする事は忘れなかった。冬服の紺色のセーラー服だ。

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

「村長アナルセックスがしたくなるの巻」で数年ぶりに風俗を解禁した僕はすっかり勢いづいてしまっていた。「たがが外れる」というのはこういう事を言うのかもしれない。僕はサキちゃんという地雷を踏んだにも関わらずその翌月にはデリヘル嬢に浣腸をして目の前でうんちをしてもらっていた。

アナルセックス専門店が自分にとってそれほど旨味がない風俗だと悟った僕は、すぐに目標を肛門から「うんち」へと変更し、その目標を達成すべく行動を取り始めた。(「ぷりぷりうんこ村」という名前のブログをやっている僕ですが、最近女の子と話している時は「うんこ」じゃなくて「うんち」と言ってる方が自然なので、これからはもしかしたらうんちと言う機会が増えるかもしれませんのでご了承下さい!そのへんはアバウトにやってますw)

行動とはいってもネットで情報を集めた程度ではあったが、それでも調べているうちになかなか興味深い情報を集めることが出来た。まず初めに自分にとって馴染みのあるデリヘルの情報を集める。しかしこれはアナルセックス専門店に行き着いたときと同じく、そもそも浣腸をやっているお店自体を探すことが困難だった。有ったとしても熟女デリヘルのオプションに浣腸がある程度。昔この店を使った事があったが、設定料金が高めである事と嬢の当たり外れの激しさがどうしても引っかかり今回は候補から外させてもらう事とした。

北海道のSMクラブは僕にとって鬼門だった。「初めて女のコがうんこするのを見た日」の時の電話対応から、僕は北海道以外のSMクラブで遊ぶことはあっても北海道のSMクラブで遊ぶことは絶対にしないと固く心に決めていた。正直なところ意固地になっていた。北海道のSMクラブは電話対応がなってない以外にも「基本プレイに浣腸が入っていない」という致命的な欠陥がある。そのくせ料金は首都圏のSMクラブとそれ程の違いはない。僕のように浣腸をしたい人間はその料金にプラス料金でオプションを付けなくてはいけない。これだったら数回プレイすることを我慢して東京のSMクラブやうんこ専門店で遊んできた方が何倍も楽しい。東京の風俗にはビックリするような美人が普通に在籍しているしスカトロAVでみた事がある娘にも会うことが出来る。やはり僕には北海道のSMクラブで遊ぶ理由が見つからない。

それでも貧乏性の僕は念のためにSMクラブの情報も調べてみることにした。最初に電話対応が横柄だったあのSMクラブの名前を検索する・・・無い。どうやら名前を変えた風でもない。なるほど潰れてしまったようだ。こういっては何だが僕には潰れて当然だと思えてならなかった。それ以外に懐かしい名前のお店を発見することも出来たが、やはり浣腸は基本プレイに入っていない。わざわざSMクラブに入り、オプションの高い料金を払ってまで浣腸をするというのはどうも気乗りがしない。

『北海道に浣腸風俗の文化は根付かなかったんだな・・・』と諦めかけた時に「ソフトSM専門デリバリーヘルス」というお店を発見した。

ソフトSMってなんだ?柔らかいの?専門?一応SM専門なの?いや、SM専門じゃなくてソフトSMの専門か・・・でもデリヘルなんでしょ?

なんだこの店?

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

1月18日更新「なにが入ってるかな??」

大胆なタイトルですね(ー_ー;)
このブログを始めた頃のるなさんだったら絶対に書けないタイトルですw
これの一週間前の記事の「美容室でのうんち撮影」なんかも初期のるなさんだったらありえないシチュエーションですよね。去年の6月から始まったるなさんのうんちブログですけれど、毎週見てるから気付かないだけで知らないうちにるなさんもマシュマロ的に成長したんだなぁ~なんて思うと感慨深いです・・・

さぁ、るなさんのうんちをジロジロと見ていきますよぉ~♪

これなんなんでしょ?ミッチリと未消化物が詰まったうんちですね(;・∀・) か、可愛くない・・・w いや、これるなさんがしたと思って見るからまだそれでも可愛く思えるんで、もしこれが男子トイレの流し忘れだったら見た瞬間にマーライオンみたいにゲロ吐いちゃいますってばwww なんかメチャクチャ臭そうだし・・・

でもこれはるなさんのうんちなのです( ・`д・´)

最近ちょっと成長したとはいえまだまだマシュマロ(うんち)初心者のるなさんが製造と出荷をした作品なのです。そう思うとやっぱり愛おしくなってくるんですよねw グロさもリアルさの演出だと思えてくるのですwww

それにしても本当に未消化物が多い!このうんちをザルに乗せて水で洗ったらかなりの残留物が出てくるんじゃないでしょうか?五穀米とキンピラが原材料ですか・・・・ん?キンピラ? あ~るなさんスルーしてますけれどこれうんちするとき屁もこいちゃってますね。便自体もガスを含んでいるようにみえますので排便音自体も大き目だったんじゃないでしょうか? ぶぅ~~~ぶりっ、ぶりぶりぶりぶり・・・ぐぶぅ~ぶりぶりぶりぶり・・・ぶすぅ~~~ みたいなw

ココアブラウニーですって?何また可愛いこと言ってんでしょうねw 普通に未消化便ですよこれ!www 「カカオブラウニーにミックスベリーが生地に練り込まれてる感じ♡」可愛い表現ですね。でもこれうんちを見て言ってるんですからね!しかも自分のしたうんちを見ながらそう言ってる。乙女ですね・・・少しでも可愛く表現しようとしてる。ちょいグロのうんちなのにw この乙女心は愛おしくなってきます。

 

 

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

1月11日更新「わくわく♡」

さぁ、今日も勝手にるなさんのうんちをジロジロと見ていきますよ(・∀・)

なんか久しぶりに立派なのが出ちゃってますねw ナマズっていうかオオサンショウウオっていうか・・・とにかく可愛いお嬢ちゃんに似つかわしくない可愛くないうんちが出ちゃってます。

これを美容室のトイレでしたらしいんですよヮ(゚д゚)ォ!

あの恥ずかしがり屋で人前でトイレに行きたいとは言えないるなさんが美容室のトイレでこんなうんちをしちゃったんです。人って成長するんですね(;・∀・) この状態で撮影してるってことはお尻を拭かずにスマホをうんちに向けてる訳です。何度も言いますが美容室のトイレです。接客業を経験している方ならお分かりでしょうがお店の方はるなさんがトイレに入った事も経過時間もすべて承知のうえなのです。(気付かないフリはしてくれますがw)音消しはどうしたんでしょう?音姫?ニオイ対策は?

不特定多数の人間が頻繁に出入りする駅のトイレや、逆に滅多に人がやってこない場所のトイレだったら何も気にせずに撮影できたでしょうが、るなさんがこのうんちを排便し撮影したのは美容室のトイレです。普段のるなさんからは想像できないくらいに大胆な行動でしたね。

便器の手前の方にウン筋が見えますね。きっと便器の前の方に腰掛けて水没を避けようとしたんでしょうけれど、結局は先頭部分の固いうんちが便器を擦ってウン筋をこしらえただけでうんち本体は全部水没しちゃいました(ー_ー;)

暗くて見えにくいですがちゃんと先頭部分にひび割れが出来ています。最後まで固さをキープできれば見事な一本糞だったんですけどね。最後がちょっと柔らかくなっちゃってます。でも、よく見て下さい!その柔らかい部分に海藻みたいな未消化物が混じってますよ♪これなんだろ?海藻サラダかな?

ちょっと良いお店だと誰かがトイレに入る度にお店の人が簡単な掃除に入ったりしますよね。

もしこのお店がそうだったら・・・きっとるなさんの濃厚うんち臭をその人に嗅がれちゃいましたねw

僕がそのお店の人になりたかったな( ;∀;)

 

 

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

1月4日更新「初ましゅまろ~♡」

さぁ、るなさんのうんちを今年もジロジロと見ていきますよぉ~♪

なんだか最近るなさんのお腹って調子が優れないみたいですね(´・_・`)
今年の初うんちが一月の三日だったんですって。記事にも書いてますが当然その間は年末年始ですので普段より食べたり飲んだりしちゃいますよね。それでもうんちが出なかったとなれば、お気の毒にその間はお腹がパンパン状態だったと思うんです。あんな可愛らしいお嬢ちゃんのお腹に年越し蕎麦やおせちがうんちとなってパンパンに詰まってたわけですよ。お友達と会ったり彼氏とラブラブだった時もるなさんのお腹の中では年末年始うんちが発酵熟成されてたって事です。

初マシュマロ(うんち)は1月3日だったかもしれませんが、熟成発酵の産物である金木犀(おなら)はきっと元旦あたりからブビィ~と出ていた事でしょう。いつもよりたんぱく質を多く摂取する年末年始の食事に加えて熟成発酵期間がそのニオイの強度に影響を大いに与えたはず…そう!お正月のるなさんは超クサイおならをブビィ~とこいていたはずなのです( ・`ω・´) お友達や彼氏にバレずに上手に放屁ができたのかな? お友達との連れション時に放屁をすると、音は音姫等で誤魔化せてもニオイでバレちゃいそう(なんてたって超熟成金木犀ですからねw)だし、彼氏のおウチで放屁はたとえトイレであってもまだまだるなさんにはハードルが高い行為ですからね。本当にこの間の放屁はどこでしてたんだろ? まっ、聞いても教えてくれないんだろうけどw

相変わらずうんちを水没させちゃってますね・・・ あまり便秘感のない柔らかめのうんちなのは何かお薬かサプリメントなんかを使っているのかな? ただ間違いなく言えることは『このうんちも超クサイ』って事だけです( ・`д・´)

次回のうんちに期待して今回は終わりにしますw

 

 

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

皆さま新年あけましておめでとうございます(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

今年一年が皆さまにとって
うんこまみれな一年でありますように!

 

ぷりぷりうんこ村村長 ハルフォード

PAGE TOP