タグ「 ニオイ 」の記事

59件の投稿

女性のうんこをまだ生で見た事がない方の中に「もしニオイに耐えられなかったらどうしよう」と悩んでる方がいます。結構こういう相談を受けます。中には「もし耐えられなかったらもう終わりだ」と深刻に受け止めてる方までいました。

でも、それって悩むような事ではないと僕は思うんですよ。少なくとも深刻に悩んではいけません。

そんな時は「俺はニオイが駄目なタイプなんだな♪」と思えば良いだけです。それだけの事です。

「どうしよう」という発言の中にどんな意味があるのか気になったので何人かにそれを聞いてみた事があるんですが、「プレイ中にドン引きしてしまったら相手に申し訳ない」とか「こんなにもうんこが大好きなのにそのニオイが耐えられないとか、もしそうなったらそんな自分を受け容れられないかもしれない」とかそんな答えが返ってきました。

ニオイが駄目な方がプレイ中にドン引きしたりオエッてなる可能性は十分にあると思います。でも、それはその時になってみなくちゃ分からない事じゃないですか。今からそれを案じても仕方がないですよ。

なので僕は初めての生うんこはプロの方にお任せするのが一番だと考えます。

お店や女の子に初めて見るのでオエッてなったらごめんなさいって正直に打ち明けたらいいんです。相手がゴリゴリのS嬢でもない限りそれを咎められる事はありませんから安心してください。

確かに相手が素人だと場の雰囲気やその後の対処などに悪影響が出てしまい、もしかしたら何かトラブルの原因になるかもしれませんが、お金が発生しているプロが相手なら、しかも事前に初めてであるという事を打ち明けているのなら必要以上に申し訳なく思うことはないでしょう。もしオエッてなったとしてもプロとしての最低限の仕事はしてくれますから安心してください。

ニオイが耐えられない自分を受け容れられないっていう気持はよく分かります。深刻に受け止めていた方はこれに加えてそれを受け容れてしまうと過去の自分を否定する事になってしまうとまで言っていました。ずっとスカトロマニアとして生きてきて色んな方たちと交流もしてきたのに今更ニオイが耐えられないとか言えないって。

でも、うんこは大好きだけどニオイは無理って方は結構いるんですよ。マニア歴が長い先輩マニアの方にも普通にいたりします。

ニオイが耐えられないならニオイを感じなくても良い愉しみ方を開拓していけば良いだけじゃないですか。仲間もたくさんいるはずです。

過去の否定にもならないと思います。

うんこの魅力はニオイだけではありません。色、形、出るときの音、する娘の羞恥する姿…うんこ好きがその全てを魅力だと感じる必要なんてないじゃないですか。あなたはうんこの魅力をニオイ以外に感じているだけなんです。立派なマニアですよ。これが褒め言葉かどうかは別として誰かに否定されるような事は何ひとつありません。

プレイ内容や嗜好の「度合い」はマニアとしての立場になんの影響もないと僕は思います。どちらが偉いとか全く関係ありません。たとえば凄い激しいプレイを得意としている人がいたとしても、やっている事が凄いと評価される事はあったとしてもそれだけでその人が凄いという事にはならないじゃないですか。

あなたがマニアとして周りから受けていた評価がニオイに耐えられないという事だけで下がる事はありません。

まずはニオイに耐えられるか耐えられないかをお店で試して来ましょうよ♪

結果はどちらでも大丈夫なんですから(・∀・)

 

Twitterフォローお願いします!!! → @ppunkom

モテない人生を送ってきたからだろうか。

僕は30歳くらいまで、綺麗だったり可愛かったりする女性と話をするとシドロモドロになるような男でした。

意識しちゃいけないと思えば思うほど意識しないってどうするんだっけ?とパニックになったりするような男でした。

でも、ある事を経験的に知った事で今はそういった事が一切なくなりました。

それは「どんなに綺麗だったり可愛かったりする女性でもいま肛門のニオイを嗅いだら臭う」という事実です。

これを経験的に知ってからはどんなに綺麗な人でも可愛い人でも緊張する事がなくなっていったのです。

失礼ですが「こんなに気取ってても肛門は臭いくせに」とか「こんなに愛らしくてもいま肛門嗅いだら臭いんだろうな」って思いながら接すると容姿に威圧される事が全くなくなりました。

ちょうど僕が遊びを覚えたのがそれくらいの年齢で、デリヘルやらプライベートやらで色んな女の子の肛門のニオイを嗅いでいるうちに「あれ?全員臭くね?」と気付いた訳です。

肛門のニオイには大きく分けてふたつのニオイがあって、ひとつは便臭由来のニオイ、もうひとつは肛門自体のニオイになります。今回僕が言っているのは後者の肛門自体のニオイについてです。

もうこれはお風呂に入った直後でも臭う娘は臭います。便臭とは別なのでどんなにキレイに洗っても肛門自体からニオイを発してますから臭っちゃうのです。少し獣臭いような、ワンコの口臭みたいなニオイです。

たとえ石鹸やボディソープの爽やかな香りを放つ肛門でも、よ〜くニオイを嗅いでいけばその爽やかな香りの奥に獣臭いようなワンコの口臭のようなニオイを感じられると思います。それくらいみんな肛門が臭いです。当然お風呂の後なので顔をしかめるくらいにまでは臭いませんけれど。

でも、お風呂に入る前だったら場合によっては顔をしかめるくらい肛門が臭う事だってあります。とくに暑い夏とかはお尻が蒸れて超臭くなってるときがあります。お風呂前だと便臭が混じる可能性も高いですからね。便の蒸れてすえたようなニオイに肛門独特の獣臭いニオイが混じる。これ超臭いです。

昔にあきこちゃんのそのニオイを嗅いじゃった事がありましたが、あきこちゃんだって普段は普通に綺麗な女の子ですからね、物凄いギャップを感じた記憶があります。普段は凛としてるのに…って。

デリヘルで僕のところに来る前に違うお客さんの相手をしてから来たって娘がいたんですけれど、その娘の肛門のニオイをお風呂に入る前に嗅いだら超臭かった事があります。接客してきた後ならシャワーくらい浴びてきてるはずなのに。便臭もしてたのできっと僕のところに来る前に接客後どこかでうんこをしてから来たんでしょうけれど、その娘だって可愛い娘だったんですよ。それでも肛門は臭かった。しかも激臭。

そんな経験を繰り返しているうちに綺麗な人にも可愛い人にも緊張しなくなっていたのです。

 

あぁ、変態で良かった♪

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

もう今から二十年以上も前の話ですけれど、うんこのニオイを消すサプリが話題になったのを覚えてる方っていませんか。

たしかマッシュルームから成分を抽出したとかなんとかでそれを飲むとうんこやおならのニオイが無くなるっていう謳い文句だったサプリなんですけど。

僕にしてみればマッシュルームなんて馬糞で栽培するキノコなのに何いってんだ?という感覚で最初は見ていたんです。でも、マスコミが女子高生の間で大ブームだとかOLの必須アイテムだとか煽ってたのを見ているうちにすっかりそれを真に受けてしまい、いつの間にかほとんどの女性が使うくらいに流行ってるものなんだろうなと思うようになっていました。

もうね、絶望ですよ。当時まだスカトロプレイをした事のなかった僕は本当に絶望してしまいました。

だって、いつかスカトロプレイができる日が来たとしてもそのうんこは無臭って事じゃないですか。

マスコミによればこれでトイレで大きい方をしても気まずい思いをしなくていいとか、おならを我慢しなくてもスカせば大丈夫とかそんな事を言ってるんですもの。それほどまでに効果のあるサプリが女性の間で流行ってしまっている。もう女性のうんこやおならのニオイを嗅ぐことは出来なくなっちゃった。うんこやおならからニオイがしなくなってしまっては今後いったいぼくは何に希望を持って生きて行けばいいんだろう。当時は本当にそう思いました。

でも、その数年後に初めてプレイをしてから今日に至るまで、何度も何度も目の前で女性の排便シーンを見てきましたがうんこやおならはちゃんと臭かった。全員です。みんな臭かった。うんこやおならが無臭だった事なんて一度もなかった。

色んな娘に聞いてみたんですよ。うんこのニオイを消すサプリって使わないの?って。

そうしましたら全員が使ってないと言いました。この発言は嘘ではありません。全員うんこもおならも臭いましたから。

そしてかなりの割合でその存在すら知らなかったんですよね。「なにそれ?」って言われました。あと「うんこのニオイ消してどうするの?」という根本的な疑問を僕に投げかけてきた娘すらいました。

いまもそのサプリって売ってるんですよね。どちらかと言えば口臭や体臭を消すサプリとして宣伝しています。一応便臭と書いているものありましたけれど昔みたいに「便のニオイが消える!!!」みたいな売り方はしていませんでした。

このサプリ結構高いんですよね。売れてるのかな?

あと、ニオイを消すだけじゃなく体臭がバラのニオイになるっていうサプリもあって、じつはこれを飲んでいる娘とプレイをした事があるんですけれど、ちゃんとおならはおならのニオイ、うんこはうんこのニオイでした。

僕的にはバラのニオイより本来のニオイの方が何倍も何倍も嬉しいんですけれどね♪

そういうサプリってみんな飲んだ事あります?

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

先日思い出せなかったうんこの保存でやらかしたエピソードを思い出しました。

そして乾燥うんこを作る事に一時期ハマってた理由もこのエピソードが原因だったという事も思い出しました。

当時の僕はプレイ時にうんこのお持ち帰りを良くしていてその保存方法に苦労した話はここでしたと思うのですが、それは品質の維持が難しいという意味であって、「お持ち帰り」する事だけを考えればうんこを入れる容器に瓶を使用すればニオイが漏れる事がないというある程度の答えも見付けていました。

年に一回程度の東京遠征でスカトロで有名な女性たちとプレイをした時も、僕はうんこをよく北海道までお持ち帰りしていて、この時も瓶を使う事で移動中に周囲にニオイを漏らす事なく無事に家までお持ち帰りをするというミッションをコンプリートさせていました。

そんな女性たちの中で個人的にとても思い入れのある何度もプレイをした女性がいるのですが、ある日その女性のうんこをお持ち帰りする時に、僕は思い入れの強さから他の女性なら小瓶ひとつだけお持ち帰りをするところをその日は複数のお持ち帰りをしたのです。たしか三つか四つ。

その女性とプレイをする時は長時間一緒にいるうえに乳糖という猛烈に排便を促すものを摂取してもらうので一緒にいる間に排便が複数回ありました。それこそ毎回固形便から始まって軟便、下痢便、水様便までを全て見る事ができるのです。

水様便は採取が難しいので諦めましたが、僕はタイプの違ううんこを全て別々に瓶に詰めてお持ち帰りをしました。

東京遠征をする時は何があっても良いようにお持ち帰り用の小瓶をたくさん持参していきます。なので小瓶が足りなくなるような事はなかったのですが、その時はプレイをする事とうんこを採取する事にいっぱいいっぱいになってしまって、小瓶を何個使用したか、要するに何個うんこをお持ち帰りしたかまでは気が回らなくなっていました。

札幌の自宅に戻ってすぐ、僕は大事な小瓶たちをすべて冷凍庫の中に仕舞いました。

全部だと思っていたんです。

自宅に戻った翌日から仕事が連勤となり次の休みがその一週間後。

旅行に使ってそのままになっていた旅行カバンを押し入れに仕舞おうと持ち上げると、カバンのポケットの一つが膨らんでいる事に気付きました。

中を開けてみるとハンドタオルに包まれた状態の瓶が出てきた。なかにミッチリとうんこが詰まった状態で。

東京遠征が終わって自宅に戻った時にこのポケットだけチェックをし忘れてたようだ。

ほかのうんこは少量だけ入れてのお持ち帰りだったので薬の小瓶に入れたけれど、このうんこはそれらの小瓶よりひと回りくらい大きな瓶に詰めてあった。そうだ、このうんこだけ別扱いにしておいたんだ。だからほかのうんことは違う場所に仕舞っていたんだな。

その女性とのプレイは実際に会ってから乳糖を飲んでもらって便意を待つので最初の一回目の排便は乳糖の影響を受けていない固形便が出る。僕とのプレイのために前日から排便を我慢していてくれてるので先頭部分が便秘便のように粒々を圧縮したような状態になっている事が多かった。僕はまずその粒々を二つ三つ小瓶に詰めて一つ目のお土産とした。

二回目の排便は軟便から下痢へのグラデーションが楽しめる事が多く僕はそこから軟便部分をチョイスして持参のプラスチックスプーンでひと匙すくい小瓶へと詰め、下痢の部分もまた別の小瓶にひと匙詰めた。

三回目以降の排便はガス混じりの下痢となる。最終的に水様便になるまで何度も何度も激しい音の排便が続くのである。僕は乳糖のこの作用が大のお気に入りだった。思い入れのある女性が僕の目の前で激しい音の排便をしてくれるのだから。この時の便が少し特徴的で、焼く前のホットケーキの生地のように便自体に細かいガスを大量に含んでタプタプしていた。またニオイも乳糖下痢のときは乳製品のような香りを放っていた。僕は思い入れのある女性のした可愛いミルキーなうんこを持参した中で一番大きな瓶に摺り切りいっぱいに詰めてお持ち帰りをしたのです。

もう一週間以上前のプレイなのに瓶に詰まったうんこを見ているとその時の事が脳内に蘇る。

ニオイを嗅ぎたい。

僕はあのミルキーなニオイをもう一度嗅ぎたくなった。もしかしたら変化をしていてもうミルキーじゃなくなっているかもしれないけれど、あの人のうんこならそれだって嗅ぎたい。嗅いでニオイを確認したい。

僕は瓶を鼻先に持っていき瓶の赤いキャップに手をかけた。

あれ?

僕は何とも言えない違和感を覚えた。

この瓶のキャップってこんな形をしてたっけ?

良く見ると赤いキャップの上の部分が少し膨らんでいるように見える。

たしかこれって平らじゃなかったっけ?

少しだけ嫌な予感がした僕はそのまま洗面所へと移動した。洗面所というかユニットバスへ。

ユニットバスの洗面台の前に立った僕はなにげなくそのままの流れで瓶の赤いキャップを捻った…

パンッ!

ボンッでもバンッでもなく甲高いパンッ!という大きな音がユニットバス内に響き渡った。同時に瓶を中心とした放射状にうんこの飛沫が飛び散る。僕の白いTシャツに茶色い点々がいくつも描かれる。Tシャツだけじゃなく僕の腕や顔、洗面台や鏡までもがうんこの茶色い飛沫で点々だらけだ。

赤いキャップが膨らんでいたのはうんこの醗酵で瓶内部の圧が高くなってたからのようだ。

そしてパンッ!と弾けた瞬間から可愛いミルキーなニオイがその場に漂う。あの時と同じニオイだ。なぜか不思議と劣化してないあの時のままのニオイが鼻腔をくすぐる。温めたチーズにヨーグルトを混ぜてうんこに掛けたようなニオイ…ミルキーで可愛らしい乳糖便のニオイだ!

大きな音で弾けた事には驚いたけれど全身にうんこの飛沫を浴びた事に対してはさほど驚きも嫌な感覚もなかった。それはこのうんこが思い入れのある女性のうんこだったからだ。

しばしニオイにウットリしていたがうんこが乾いてしまうと掃除が大変になる。仕方がないので変形してしまったキャップをもう一度締めて瓶を洗い、その瓶をトイレットペーパーでしっかり拭いてからユニットバスの外の床に置いた。こんなときも僕は「うんこ第一主義」なのがちょっと恥ずかしい。

ユニットバスだったので掃除もそんなに面倒ではなかった。いま思うと本当に室内でキャップを捻らなくて良かった。もし室内でパンッ!ってなっていたらさすがにウットリなんかしていられなかっただろう。

これを機に僕はうんこを長距離輸送する際は量を気を付けるようになりました。そして乾燥うんこの制作も始めるのです。乾燥うんこはパンッ!ってならないから。

結局なんでニオイの劣化がなかったのかは分かりませんでしたが、多分乳糖の影響か隙間なくミッチリと瓶に下痢便を詰めた事によって瓶内が密封された事が何かしら影響したのかなと今は思っています。

みなさんも瓶に入れたうんこの置き忘れには注意しましょう♪

パンッ!てなるよ。パンッ!て。

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

ひとり暮らしをしていた頃の話ですが、その当時ぼくの部屋には5人以上の女性のうんこが保存されていました。

まずは冷凍庫の中に現在でも活躍されている徳井唯さんのうんこが小瓶に入った状態で一つあって、その横にもう引退された倉本安奈ちゃんのうんこがやはり小瓶に入った状態で一つ、そしてインターネットサイトでとてもお世話になったこちらもすでに引退されている刹奈紫之さんのうんこが三つくらい入っていたと思う。

当時の僕の冷凍庫の中はかなりキラキラしていたと思います。うんこのオールスター状態ですからね。有名スカトロ女優さんのうんこが詰まってた。

それ以外にあと2人くらいのうんこも小瓶にいれて保存してあったけど、もうそれが誰のうんこだったかは思い出せません。

冷凍以外だと乾かした状態で小瓶に入れた刹奈紫之さんのうんこと、たしか倉本安奈ちゃんのうんこも乾燥保存してました。あと別な娘のうんこも乾燥させて持ってたけど誰のだったかなぁ?もう十数年前の事なので思い出せないです…

大失敗としては、渋谷ClubCUBEの沙千佳ちゃんが北海道遠征に来た時にお持ち帰りしたうんこを冬だったのでそのままベランダに置きっぱなしにして忘れてしまい、それを半年以上経ってから思い出すというのをやらかした事があります。この時は大きなジャムの空き瓶に入るだけお持ち帰りをしたので結構な量があったんですけれど、1月だったか2月にプレイして置きっぱなしにして思い出したのが秋でしたからひと夏を越させてしまったんですよね。物凄い変化を瓶の中でしてました。沙千佳ちゃんのうんこ。

話を戻しますが、結局うんこの保存は全部失敗に終わっています。理由としては以前ここに書いた通りでうんこはお尻から出た瞬間から物凄いスピードで劣化をし始めるのでそれをどうやっても止められないんですよ。

冷凍は?って思いますよね。僕も思いました。

でも、うんこは冷凍中も劣化し続けるんです。なので冷凍したままニオイを嗅いでも解凍してニオイを嗅いでももう「うんこしたて」のニオイじゃなくなってしまうのです。結局捨てるのは勿体ないしそれを出した人には思い入れがありますから冷凍したまま取っては置くのですが、たまに冷凍庫から引っ張り出して「あの時こんなプレイしたよなぁ」と思い出すくらいにしか使い道はありませんでした。それでも十分なんですけどね。

乾燥させてみてはどうだろうと思い乾燥うんこの製造を行った事もあります。最初は少量(耳かき一杯分くらい)のうんこを小瓶に入れ蓋を開けっぱなしにしてうんこが乾くのを待ちました。乾燥すると更に小さくなりますので見た目もなんだか良く分からなくなりますしニオイもそんなにきつくない。これに気を良くした僕はプレイ直後にホテルで乾燥うんこを製造する事を思い付きます。

最初は換気扇が動いている洗面所にうんこをそのまま放置していたんですがなかなか思うように乾かない。仕方がないので僕はドライヤーの冷風をうんこに当てました。若干洗面所内にうんこのニオイが広がりましたが可愛い娘のうんこですからそんなの気になりません。でも思ったほど乾かない。せっかちな僕は熱風に切り替えてそれをうんこへ当てる事にしました。

その瞬間、牧場のニオイを濃縮したようなニオイがうんこから放たれました。これは悲鳴をあげたくなるような異臭です。うあ!って声が出たかもしれません。

慌てて冷風に戻し小瓶に入る程度の乾燥うんこをこしらえました。

毎回「瓶」にうんこを入れるのはやっぱり密閉度がタッパーウェアなんかとは違うからなんですよね。以前タッパーウェアに入れたうんこをそのまま冷凍庫にいれたら冷凍庫も冷蔵庫も全部うんこ臭くなった事があったんですよ。あと、ホテルでプレイした時にタッパーウェアにうんこを入れてお持ち帰りした時に、途中でコンビニに寄って一旦車を離れて戻ってきたら車内があり得ないくらいうんこ臭かったって事もありました。鼻が慣れちゃうので自分では気付きませんでしたけれど、ホテルの駐車場で車に乗ってからたった20分くらいの間にタッパーウェアからかなりのニオイが漏れてたみたいです。

タッパーウェアの名誉のために言っておきますがこの時使ったのは100円ショップで買った「タッパーウェア風容器」であって本物のタッパーウェアではありません。そもそもどちらであってもうんこを保存する目的では作られてませんけれど。

なんか話は散らかりましたが、うんこは保存せずに新鮮なうちに楽しみましょうって事を皆様にはお伝えしたいです。

あと、なんかうんこの保存でもっと凄いやらかしをしたような記憶もあるんですけれど…

それは思い出したときにまたここに書きますね。

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

もしこの世の中に存在する全ての便やおならが無臭だったとしたらスカトロの存在ってどうなってたんだろ?

利点は意外とたくさんあると思う。スカす事でおならがバレにくくなりますからガス型のIBSの方には少し有利になるかもしれません。あと、うんちを漏らしちゃうような方も裾からうんちがこぼれ落ちたりしなければバレにくくなりますよね。

「漏れたらどうしよう…」から「あっ、洩れるかも…まっ、裾から出なきゃいいか。」って思えるのはでかい。

トイレの残り香で嫌な思いをする事もなくなりますし、満員電車やエレベーターで誰がしたのかよく分からないおならのニオイを感じる事もなくなります。

入院介護の世界は特に恩恵を受ける事になるでしょう。おむつ交換のときに無臭になりますから。入院中にどうしてもベッドのうえでうんちをしなくちゃならない状況におかれても、最低限うんちやおならが無臭であるのなら羞恥心も周りへの申し訳なさも大きく減るはずです。

一時的なものじゃなくて人類すべてが永続的にそうなるのなら「羞恥心」は確実に減っていくでしょう。大きなおならや大きな音の脱糞音も今のような羞恥の対象ではなくなり、面白い音のくしゃみが出ちゃった程度の扱いになっていくんじゃないでしょうか。その場では笑われたり本人もテヘヘってな感じで軽く恥じらうも、それがずっと後を引いて噂の対象になり続けるだなんて事もなく、その場かぎりの恥じらいで済むようになる。

そして学校でうんちをしても犯罪者のような扱いを受けなくて済むようになる。なんてったって言ってて一番楽しいであろうクッセーーー!が言えない。だって臭くないんだもの。これによって授業中に襲われる便意に怯える毎日を過ごさなくてもよくなる。

お腹の弱い方で特に精神的な部分でそうなってる方はかなり気持ちが楽になるんじゃないでしょうか。少なくとも恥ずかしい思いをする機会が極端に減リますからね。

これは実生活でのお話。

スカトロとしてはどうなるんでしょ?

これは難しい問題です。きっと色々な意見が出てくるところだと思うんですよね。

うんちのニオイって僕は好きなので全く気になりませんが、同じうんち好きな仲間でも「ニオイだけは無理」って人も珍しくはありません。

特に初めて女性がうんちをするところを見る人にとっては、そのうんちのニオイは興味の対象でもあり恐怖の対象でもあると思います。

それが無臭であれば恐れる事はなにもないのです。すんなりプレイに集中できる。うんちプレイをするかなりの人にとって大きな障壁となり得るニオイが全くない訳ですから。

塗りやすく、そして食べやすい。  

きっと塗糞や食糞もハードルが大きく下がるでしょう。

これを良しとする方たちもきっとたくさんいると思います。

でも僕はやっぱりさみしいのです。うんちは臭いからうんちなのです。無臭のうんちになんか魅力は無いのです。

きっと、うんちやおならが無臭である事を人類が受け入れたら、うんちやおならに対する羞恥心なんてほとんど無くなってしまうでしょう。

羞恥心の無いうんちに価値ってあります?

これ羞恥心の表し方が下手で恥ずかしがってないように見えるとかそういう問題じゃなくて、そもそもが恥じらってないって意味です。

なので僕はうんちやおならが無臭になってしまったらスカトロは衰退すると考えます。

まっ、これはありえない仮定の話ですけれどね。

ただ、いまは便臭を軽減させるサプリなんかも売っていますので、そう遠くない時代にうんちやおならが無臭になる日もくるかもしれませんよね。

余談ですが、過去にうんちがバラのニオイになるというサプリを飲んでいる娘とプレイをした事がありますが、その娘のうんち…バラのニオイなどせずしっかりとしたうんち臭を漂わせていた事をご報告して今日のお話は終了とさせて頂きます。

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

うんこって本当に足が早いと思います。

僕が一番最初に手に入れたうんこは高校生の頃に下宿してたところのトイレに細工をして手に入れたJKのうんこだったんですけれど、その時はせっかく手に入れたのに保存の事なんか全然考えてなかったので、蓋の出来る空き缶にうんこを入れてそのまま常温で放置しちゃったんですよね。

まだ精神的に子供だったので手に入れた喜びや興奮以上に罪悪感に苛まれちゃったんですよ。だから空き缶(顆粒のレモンティーが入ってた透明の蓋が付いているやつ)にいれたまま誰も来ない下宿の裏の軒下に放置しちゃったんです。ガラクタなんかが置かれっぱなしになってる場所だったんで空き缶があっても誰も気にしないような場所に。

でも、気にはなるじゃないですか「あのうんこどうなったかな?」「〇〇さんのうんこ今あそこにあるんだよな…」って。

一か月くらいたってから意を決して確認しに行ったんですよ。空き缶は置いた場所にそのままの状態でちゃんとありました。ドキドキしながら持ち上げて見てみると透明の蓋の内側が曇っていて中の様子が見えなくなっていました。

僕はなにげなく、本当になにげなく一連の流れで中を確認しようと空き缶の透明な蓋を取り外しました。取ってしまいました。

次の瞬間ぼくは激しく咳き込んでいました。空き缶に詰めた時のニオイとは全く別なニオイに化けた猛烈な異臭がうんこから漂ってきたのです。

なんとも形容のしようがない異臭。もともと便秘便でニオイのキツイうんこだったけれどそのニオイとは全く別物になっちゃってる。牧場なんかのニオイとも全然違うニオイ。どちらかと言えばゴミを放置して腐らせてしまったようなニオイ。それにカビのようなニオイも混じっていた。入れた時はうんちの色だったのに真っ黒に変色していたのも不気味だった。

そうなってしまうと愛しさみたいなものは消えてしまいますので、僕は躊躇なくそのうんこを茂みに投げ捨てました。

それから15~6年後、僕は風俗でうんこ遊びをするような大人になっていました。

初めてのプレイの時から僕は女の子にバレないようにうんこをお持ちかえりする事を頻繁にしていました。これはせっかくのうんこをプレイ後に捨ててしまうのが勿体ないからという貧乏くさい理由からです。持って帰ってニオイを嗅ぎながらオナニーでも出来たらいいなという安易な発想でお持ち帰りをしていたのです。

でもこれがなかなか難しかったのです。

最初の娘の時は風邪薬の空き瓶に女の子のうんこのかけらを入れて持って帰りました。でも家に帰って小瓶の蓋を開けてニオイを嗅いでみるとなんかプレイ中に嗅いだニオイと全然違うのです。ほんの数時間しか経っていないのにもうニオイが変わってしまっている。なんかオナニーを催すようなニオイではなくなっているんです。

量の問題?

次にお持ち帰りをした時は大きめの瓶にミッチリうんこを詰めてみました。それでも家に帰ってニオイを嗅いでみるとプレイ中のニオイとは全然違うのです。100円ショップで買ってきたタッパーウェア風の入れ物に女の子の出したうんこのほとんどを入れてお持ち帰りした時もやはりニオイが変わってしまっているのです。

そしてうんこプレイを重ねていくうちにある事に気付きました。うんこのニオイがプレイ中にもずっと変化している事に。

プレイで目の前でうんこをしてもらった瞬間に嗅いでいるニオイはいわゆる「うんこ臭」なんですけれど、これが一通りプレイが終わってうんこを片付けるときに嗅ぐともう既に違うニオイになってるんですよね。20~30分の間にもう変化しちゃってるんですよ。

もうこれって生もの的な足の早さですよね。

いや、生ものだってこんなに早く変化はしないですよね。

もはやこれはソフトクリームですよ。作った瞬間から溶け始める笑

変化という意味だけじゃなく保存できないという意味でもうんこはソフトクリームだと僕は思います。

うんこの保存についての話はまた今度♪

 

以前こんな記事を書いたこともあります。「うんちはソフトクリームだと思う(´・_・`)」

 

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

僕は女性が下痢をしているのを見るのが大好きです。

これには少しこだわりがあって、病気の下痢にはなんか萌えないんですよね。例えばノロウイルスで嘔吐や下痢をしている人を見ても興奮なんかできません。こういうのは心配でしかないです。あと腸の病気で下痢をしている人も気の毒さが上回って興奮の対象から外れます。

でも食べ過ぎやお腹が冷えたときの下痢は病気ではありませんので遠慮なく興奮させていただきます。

自分的にどこで線引をしているのか考えてみたんですけど「女性が羞恥心を保てるまでの下痢はOK」なのかなと思いました。

なので食中毒系の下痢でも本人が恥ずかしいって思っていられる程度の下痢だったら興奮しちゃいます。本人がもうそんな事どうでもいいってなるくらいの下痢はやっぱり気の毒さが上回ります。

なので病気かどうかがOK・NGの判断基準というよりは羞恥心が保てるかどうかが僕にとっての判断基準になるんでしょうね。

下痢の何が魅力なのかといいますと、やはりそれは「音」と「ニオイ」になると僕は思います。逆にこれらが弱い下痢はたとえ下痢であっても魅力度は大きく下がります。かなり下がります。とんでもなく下がります。

音は大きければ大きいほど魅力度が上がります。音も無くツツーーーーっと出てきた軟便でも最後にブベッ!と弾けたら魅力的なうんちに変わりますし、もう便自体にガスを大量に含んだ下痢なんかは本人が必死に音を立てないように排便してもブビッ…ブビブビブビ…ブボッ…ブボボボボ…ブビュ〜〜〜なんて音がしちゃいますから最高に魅力的なうんちだと思います。

ニオイは所謂「硫黄臭」が一番好きです。これは下痢の王道的なニオイなんじゃないでしょうか。ブビブビ出始めた瞬間から周りに漂う卵が腐ったようなニオイ…。シンプルだけど破壊力があるニオイだと思うんですよね。大概女の子はこのニオイをとても恥ずかしがりますし、僕としても指摘のし甲斐がありますので。

あと、下痢が爆ぜたときに飛び散る飛沫もとても良い。白い便器に茶色だったり黄色だったりする飛沫がバッと飛び散る様子は何度見ても心を奪われてしまいます。

こんな事を書いているとまた目の前で女の子がうんちしてるところが見たくなってきちゃうんですよね。やっぱり今日は下痢がいいなぁ。

とりあえず今日は下痢の動画を探してオナニーしよっと♪

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

加齢臭ってあるじゃないですか。文字通り加齢と共に臭うあれです。これを読んでる方が若い方でも自分の親なり上司なりでこのニオイを嗅いだ事があると思います。

もう僕は初老ですので今この瞬間も絶賛放出中なんですけれど、これってお風呂にちゃんと入るとかデオドラントソープやデオドラントスプレーを使うくらいじゃ焼け石に水なんですよね。何をしてもくさい。書いていて悲しくなるくらいくさい。これまたくさい。あ〜くさ。

これを言うと怒られるかもしれませんが、この加齢臭って標的がいつも男性じゃないですか、あのおじさんくさいとかお父さんくさいとか、でも加齢臭って女性にもありますよね。女性だからいいニオイなんて事はなくてしっかりちゃんとくさいニオイがする。

たぶんそのニオイを気にしてちゃんとケアしてる人の率が男性より女性の方が高いとかそんな事で男性がくさいってイメージになってるのかもしれませんけれど、とにかく加齢臭はケアをしてても完全には防御できない厄介な代物なので女性も臭っちゃったりするのです。

以前、コールセンターで働いていたときの事。そこは老若男女が入り混じった職場で、本職一本では食べられないモデルの卵が働いていたり、時間に余裕のあるお爺ちゃんやお婆ちゃんがいたり、学生がアルバイトに来ていたり、働いてる人の年齢層が本当にバラバラでした。

そこに40代後半くらいのとても綺麗な女性が働いていました。「わたしバツ2だから」といつも明るく笑ってるような人だったけど、若い頃からきっとモテまくったんだろうなっていうくらい男性からみて魅力的な人で、いつもなんかよく分からないけどとてもいいニオイがしていました。きっと僕の知らないような香水とかそんなのを付けてたんでしょうね。

でも、ある日狭い通路で身体を密着させるような感じてすれ違ったときにその女性から加齢臭がしたんですよ。

決して不潔なニオイがしたとか汗臭かったとかそういうんじゃないんです。例の加齢臭がしたんです。

正直一瞬「え?」ってなりました。

でも全然嫌じゃなかったんですよね。ニオイはするけど臭くないって感覚でした。

これって多分普段から好意的にみている女性だからそう感じたと思うんですよ。申し訳ないけれどお婆ちゃんから同じニオイがしたら同じ感覚ではいられなかったと思います。同時に仕方がないとも思いますけれど。

僕はこのとき先日ここに書いたような「隠したいニオイを嗅いじゃった」的な気持ちになってちょっと興奮しちゃったんですよ。

「○○さんもこういうニオイする時があるんだなぁ」って。

度合いは違えどうんちのニオイを嗅いでしまったような方向の興奮を覚えてしまったんですよね。

当然うんちのニオイが嗅げりゃそっちの方が良いに決まってますけれど、僕みたいに変態を拗らせると加齢臭みたいなものでも興奮しちゃったりするのです。

結局なにが言いたいかと申しますと…

あぁ、変態で良かった😃

という事でございます。

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

女性のうんちが見たいという人に対して僕は日頃から悩んでないですぐに見に行きましょうと答えています。

実際悩んでいてもなんの解決にもなりませんからね。サクッとスカ風俗やスカイベントで見てきちゃえば良いんです。時間とお金さえ工面出来れば誰だって見に行くことができるし、その時間とお金も莫大にかかるって程でもありませんから。

あとはエイヤッ!と見に行くだけ。勇気とタイミング次第であなたも女性のうんちが見られるのです。

ただ、ひとつだけ心配なのは、あなたが「目の前で自分以外の人間がうんちをしているというインパクト」に耐えられるかどうかです。

だからこそ、最初から素人相手にプレイをしないでプロにお任せした方がいいと思うのですが、それはもし耐えられなかった場合にプロはお金が発生しているので最低限プロの対応が望めるからなんですよね。

素人のうんちもプロのうんちも同じく臭いです。

なので、あなたが耐えられなかった場合に何かしらのトラブルになるリスクを減らすために、耐えられるか耐えられないかが分かるまではプロの女性とのプレイを選んだ方がいいですよというのが僕の意見です。

というのも、目の前で自分以外の人間がうんちをしているインパクトって想像より凄いからなんですよね。

精神的なインパクトもそうですし、やはりニオイのインパクトがかなり大きい。

とあるスカイベントで女の子がおしっこをしてる時まで最前列でノリノリだったマニア男性が、いざ女の子がうんちをし始めたら真っ青になって逃げ出したのを見た事があります。この男性とその後お話をする機会がありましたのでその時の事を聞いてみたんですが、その方曰く「写真のうんちも動画のうんちも大好きだし興奮するがニオイだけは何回嗅いでも慣れない」との事でした。

経験豊富なマニアでもそうなる方がいるんですよね。

でもこれは別に耐えたから凄いとか耐えられなかったから駄目とかそういう事ではありません。

あくまでも自分がどこまで大丈夫でどこからがNGなのかを知っておいた方が色々トラブルを避けられますよって事なんですよ。

多分ここを読んでくださってる方はうんちに興味がある方でしょうから、プレイ写真を見たり体験談を読んだり、あとプレイ系の動画作品をみたりして何度も脳内で擬似プレイを経験した事があると思います。なので女性が目の前でうんちをするという行為自体に何かしらの嫌悪感を抱くだなんて事はないでしょう。

そうなるとやはり障壁と成り得るのは「ニオイ」だと思うのです。

想像でプレイを何度経験しても感じられない得られないのはやはりニオイなんじゃないでしょうか。きっとニオイを想像する事もあるとは思いますが、多分そのとき思い出しているのは自分のうんちのニオイではないですか?あれ理由はよく分かりませんが自分のうんちのニオイって普通に耐えられますよね。普段うんちをしている中で自分のうんちのニオイにえずく事とかってないじゃないですか。

うんちのニオイなんて誰だってそんなに変わらないんだし、しかも女の子のうんちなんだからきっと平気だよ!と思っていても、いざ目の前で女の子がうんちをし始めたら「あれ?思ってたんと違う!」ってなる可能性がある。ぼくは少なくとも数人そういう経験をした人を知ってます。

僕は元々ニオイフェチなところがあったので初めての時にニオイを嗅いでも全然平気でしたが、そうじゃない方はそのニオイのインパクトにもしかしたら負けてしまうかもしれません。それくらいに間近で見るうんちのニオイは鮮烈なのです。

少し雑な判断方法かもしれませんが、コンビニや飲食店なんかの男女兼用トイレで女性と入れ違いに入って、そのときにうんちの残り香があっても嫌悪感を抱かなかったりむしろ興奮するという方ならプレイ時のニオイも大丈夫だと思います。

でも何度も言いますが別にニオイが駄目だから良くないって事ではないのです。

それを自分で知っておいた方がプレイをするうえで後々色々と役に立ちますよというのが僕の意見なのです。

自分はどうなんだろうと思う方、ぜひエイヤッ!とそれを確認しにいってはみませんか?

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

PAGE TOP