タグ「 音 」の記事

54件の投稿

先日思い出せなかったうんこの保存でやらかしたエピソードを思い出しました。

そして乾燥うんこを作る事に一時期ハマってた理由もこのエピソードが原因だったという事も思い出しました。

当時の僕はプレイ時にうんこのお持ち帰りを良くしていてその保存方法に苦労した話はここでしたと思うのですが、それは品質の維持が難しいという意味であって、「お持ち帰り」する事だけを考えればうんこを入れる容器に瓶を使用すればニオイが漏れる事がないというある程度の答えも見付けていました。

年に一回程度の東京遠征でスカトロで有名な女性たちとプレイをした時も、僕はうんこをよく北海道までお持ち帰りしていて、この時も瓶を使う事で移動中に周囲にニオイを漏らす事なく無事に家までお持ち帰りをするというミッションをコンプリートさせていました。

そんな女性たちの中で個人的にとても思い入れのある何度もプレイをした女性がいるのですが、ある日その女性のうんこをお持ち帰りする時に、僕は思い入れの強さから他の女性なら小瓶ひとつだけお持ち帰りをするところをその日は複数のお持ち帰りをしたのです。たしか三つか四つ。

その女性とプレイをする時は長時間一緒にいるうえに乳糖という猛烈に排便を促すものを摂取してもらうので一緒にいる間に排便が複数回ありました。それこそ毎回固形便から始まって軟便、下痢便、水様便までを全て見る事ができるのです。

水様便は採取が難しいので諦めましたが、僕はタイプの違ううんこを全て別々に瓶に詰めてお持ち帰りをしました。

東京遠征をする時は何があっても良いようにお持ち帰り用の小瓶をたくさん持参していきます。なので小瓶が足りなくなるような事はなかったのですが、その時はプレイをする事とうんこを採取する事にいっぱいいっぱいになってしまって、小瓶を何個使用したか、要するに何個うんこをお持ち帰りしたかまでは気が回らなくなっていました。

札幌の自宅に戻ってすぐ、僕は大事な小瓶たちをすべて冷凍庫の中に仕舞いました。

全部だと思っていたんです。

自宅に戻った翌日から仕事が連勤となり次の休みがその一週間後。

旅行に使ってそのままになっていた旅行カバンを押し入れに仕舞おうと持ち上げると、カバンのポケットの一つが膨らんでいる事に気付きました。

中を開けてみるとハンドタオルに包まれた状態の瓶が出てきた。なかにミッチリとうんこが詰まった状態で。

東京遠征が終わって自宅に戻った時にこのポケットだけチェックをし忘れてたようだ。

ほかのうんこは少量だけ入れてのお持ち帰りだったので薬の小瓶に入れたけれど、このうんこはそれらの小瓶よりひと回りくらい大きな瓶に詰めてあった。そうだ、このうんこだけ別扱いにしておいたんだ。だからほかのうんことは違う場所に仕舞っていたんだな。

その女性とのプレイは実際に会ってから乳糖を飲んでもらって便意を待つので最初の一回目の排便は乳糖の影響を受けていない固形便が出る。僕とのプレイのために前日から排便を我慢していてくれてるので先頭部分が便秘便のように粒々を圧縮したような状態になっている事が多かった。僕はまずその粒々を二つ三つ小瓶に詰めて一つ目のお土産とした。

二回目の排便は軟便から下痢へのグラデーションが楽しめる事が多く僕はそこから軟便部分をチョイスして持参のプラスチックスプーンでひと匙すくい小瓶へと詰め、下痢の部分もまた別の小瓶にひと匙詰めた。

三回目以降の排便はガス混じりの下痢となる。最終的に水様便になるまで何度も何度も激しい音の排便が続くのである。僕は乳糖のこの作用が大のお気に入りだった。思い入れのある女性が僕の目の前で激しい音の排便をしてくれるのだから。この時の便が少し特徴的で、焼く前のホットケーキの生地のように便自体に細かいガスを大量に含んでタプタプしていた。またニオイも乳糖下痢のときは乳製品のような香りを放っていた。僕は思い入れのある女性のした可愛いミルキーなうんこを持参した中で一番大きな瓶に摺り切りいっぱいに詰めてお持ち帰りをしたのです。

もう一週間以上前のプレイなのに瓶に詰まったうんこを見ているとその時の事が脳内に蘇る。

ニオイを嗅ぎたい。

僕はあのミルキーなニオイをもう一度嗅ぎたくなった。もしかしたら変化をしていてもうミルキーじゃなくなっているかもしれないけれど、あの人のうんこならそれだって嗅ぎたい。嗅いでニオイを確認したい。

僕は瓶を鼻先に持っていき瓶の赤いキャップに手をかけた。

あれ?

僕は何とも言えない違和感を覚えた。

この瓶のキャップってこんな形をしてたっけ?

良く見ると赤いキャップの上の部分が少し膨らんでいるように見える。

たしかこれって平らじゃなかったっけ?

少しだけ嫌な予感がした僕はそのまま洗面所へと移動した。洗面所というかユニットバスへ。

ユニットバスの洗面台の前に立った僕はなにげなくそのままの流れで瓶の赤いキャップを捻った…

パンッ!

ボンッでもバンッでもなく甲高いパンッ!という大きな音がユニットバス内に響き渡った。同時に瓶を中心とした放射状にうんこの飛沫が飛び散る。僕の白いTシャツに茶色い点々がいくつも描かれる。Tシャツだけじゃなく僕の腕や顔、洗面台や鏡までもがうんこの茶色い飛沫で点々だらけだ。

赤いキャップが膨らんでいたのはうんこの醗酵で瓶内部の圧が高くなってたからのようだ。

そしてパンッ!と弾けた瞬間から可愛いミルキーなニオイがその場に漂う。あの時と同じニオイだ。なぜか不思議と劣化してないあの時のままのニオイが鼻腔をくすぐる。温めたチーズにヨーグルトを混ぜてうんこに掛けたようなニオイ…ミルキーで可愛らしい乳糖便のニオイだ!

大きな音で弾けた事には驚いたけれど全身にうんこの飛沫を浴びた事に対してはさほど驚きも嫌な感覚もなかった。それはこのうんこが思い入れのある女性のうんこだったからだ。

しばしニオイにウットリしていたがうんこが乾いてしまうと掃除が大変になる。仕方がないので変形してしまったキャップをもう一度締めて瓶を洗い、その瓶をトイレットペーパーでしっかり拭いてからユニットバスの外の床に置いた。こんなときも僕は「うんこ第一主義」なのがちょっと恥ずかしい。

ユニットバスだったので掃除もそんなに面倒ではなかった。いま思うと本当に室内でキャップを捻らなくて良かった。もし室内でパンッ!ってなっていたらさすがにウットリなんかしていられなかっただろう。

これを機に僕はうんこを長距離輸送する際は量を気を付けるようになりました。そして乾燥うんこの制作も始めるのです。乾燥うんこはパンッ!ってならないから。

結局なんでニオイの劣化がなかったのかは分かりませんでしたが、多分乳糖の影響か隙間なくミッチリと瓶に下痢便を詰めた事によって瓶内が密封された事が何かしら影響したのかなと今は思っています。

みなさんも瓶に入れたうんこの置き忘れには注意しましょう♪

パンッ!てなるよ。パンッ!て。

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

僕は女性が下痢をしているのを見るのが大好きです。

これには少しこだわりがあって、病気の下痢にはなんか萌えないんですよね。例えばノロウイルスで嘔吐や下痢をしている人を見ても興奮なんかできません。こういうのは心配でしかないです。あと腸の病気で下痢をしている人も気の毒さが上回って興奮の対象から外れます。

でも食べ過ぎやお腹が冷えたときの下痢は病気ではありませんので遠慮なく興奮させていただきます。

自分的にどこで線引をしているのか考えてみたんですけど「女性が羞恥心を保てるまでの下痢はOK」なのかなと思いました。

なので食中毒系の下痢でも本人が恥ずかしいって思っていられる程度の下痢だったら興奮しちゃいます。本人がもうそんな事どうでもいいってなるくらいの下痢はやっぱり気の毒さが上回ります。

なので病気かどうかがOK・NGの判断基準というよりは羞恥心が保てるかどうかが僕にとっての判断基準になるんでしょうね。

下痢の何が魅力なのかといいますと、やはりそれは「音」と「ニオイ」になると僕は思います。逆にこれらが弱い下痢はたとえ下痢であっても魅力度は大きく下がります。かなり下がります。とんでもなく下がります。

音は大きければ大きいほど魅力度が上がります。音も無くツツーーーーっと出てきた軟便でも最後にブベッ!と弾けたら魅力的なうんちに変わりますし、もう便自体にガスを大量に含んだ下痢なんかは本人が必死に音を立てないように排便してもブビッ…ブビブビブビ…ブボッ…ブボボボボ…ブビュ〜〜〜なんて音がしちゃいますから最高に魅力的なうんちだと思います。

ニオイは所謂「硫黄臭」が一番好きです。これは下痢の王道的なニオイなんじゃないでしょうか。ブビブビ出始めた瞬間から周りに漂う卵が腐ったようなニオイ…。シンプルだけど破壊力があるニオイだと思うんですよね。大概女の子はこのニオイをとても恥ずかしがりますし、僕としても指摘のし甲斐がありますので。

あと、下痢が爆ぜたときに飛び散る飛沫もとても良い。白い便器に茶色だったり黄色だったりする飛沫がバッと飛び散る様子は何度見ても心を奪われてしまいます。

こんな事を書いているとまた目の前で女の子がうんちしてるところが見たくなってきちゃうんですよね。やっぱり今日は下痢がいいなぁ。

とりあえず今日は下痢の動画を探してオナニーしよっと♪

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

ここのブログを昔から読んでいてくれる方は覚えてらっしゃるかもしれませんが、僕の古くからの友達にあきこちゃんという女性がいます。

出会いからよく遊んでいた頃の話はここにまとめて書いてあります。

出会ってから10数年仲良くしててある時からパッタリと連絡が取れなくなって実はそこから7~8年音信不通だったんですよね。こちらから電話をしても出てくれないしメールをしても返信がない。家は知っているので直接会いに行こうと思えば行けたけれど、それはなんだかちょっとストーカーっぽくて嫌だなぁと思ってそのまま疎遠になってました。

で、去年の今頃に突然電話がかかってきました。しかもなんか普通に「いま何してた~?」って。

長い間疎遠になってたのに急に連絡をしてくるだなんてきっとなにかあったに違いない。でもあきこちゃんはこういうとき絶対素直にならないタイプなので自分から何かを打ち明けてきてはくれないんですよね。

なのでこちらから「何かあったんでしょ?大丈夫?」と聞きました。は?って言われるのを覚悟で。そうしましたら何か言いにくそうにするんですよね。これは間違いなく何かあったパターンだ。

結局なんとか苦労して聞きだしたところ大病をして長く入院していたらしい事がわかった。退院してリハビリ中との事。命にかかわる病気ではないけれどリハビリと回復が思わしくないらしかった。きっと気が弱くなって誰かに話したくなったんだな。僕を選んでくれたことが素直に嬉しかった。

それから何回か電話で話をしました。あきこちゃんは酔うと夜中に電話してくるのでそんな時は明け方まで話に付き合いました。これ別に格好付けている訳じゃないんですけれどあきこちゃんの不安を何とかしてあげたかった。過去の体験談を読んでくれた方は分かるでしょうけれど、僕は若い頃かなりあきこちゃんに酷い事(ド変態なプレイ内容)をしていたので、支える事が出来るのが今なんだったらなんとか支えようと思ったのです。罪滅ぼし的な感覚も少しあったかもしれません。

去年の夏ころ再手術が決まりそれが成功していまは社会復帰しているのですが、いまでもたまに電話がかかってきます。

さっき電話がかかってきました。なにか面白い話をしろという無理難題を強いられましたが、お互いの近況報告をしながらそこそこ楽しくお話をしていたんですけれど、そうしましたら急に

「はる君ごめん。電話切る!」
「ん?どうしたの?なんで?」

「いや、ちょっとトイレ行きたいから」
「別にそのまま行けばいいじゃんw」

「ごめん!ホント切るから!」
「そのままでいいじゃん!前にもそのまましながら話したでしょ?」

「今日は無理!お腹痛いからピーって鳴っちゃうから!」
「もう何度もそれ聞いてるよ!話しながらすりゃいいじゃんw」

「とにかく無理!じゃ!」
「え?あきこちゃん?」

そのまま電話が切れました。

別にこういった事は前にもあったしその時は話しながらうんこしたりもしてたんですけれど、なぜか今日は電話を切られてしまいました。

音が出そうでそれが気になったのかなぁ?でもあきこちゃんのうんちの音やおならは数え切れないほど過去に聞いてきたんだけどなぁ。

なにが嫌だったんだろ?

まっ、でもそれが分かるような男だったらこんな人生歩んでないよな…

 

(あっ、あとあきこちゃんの話を初めて読む方に誤解のないようにお伝えしますが、あきこちゃんという名前も当然偽名ですし過去の体験談も個人が特定できないように要所要所にフェイクを入れてありますので宜しくお願い致します。)

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

それは「音」と「ニオイ」なんじゃないかと僕は思うのです。基本的にこの2つの要素があって、そこに他の要素がプラスされてさらなる魅力を放つのではないかと。

例えば音ですが、どうしても下痢便は硬便より排泄音が大きいという特徴がありますよね。

下痢便は硬便のように便とガスが腸内で完全に分離されている訳ではありませんので、所謂ガス混じりの便が肛門から排泄されるときに大きな音を立てやすい。それに加えて水分の多い便で肛門が湿った状態になるので、ガスが出たときに大きな音を立てやすいというのもあるんですよね。

腸内で便とガスが上手く分離されていないうえに便自体にもガスが含まれているので、どう頑張っても排便時にブビブビ恥ずかしい音を立ててしまう。しかも肛門が湿っているので放屁時もスカすのが困難である。

そもそも下痢の時は腹痛や強い便意がある事が多いので腹圧の掛かった勢いのある排便放屁になりやすい。うんちの音とおならの音が大好きな僕は動画鑑賞やプレイ時に緩々なうんちが出始めただけで音に対してどうしても大きな期待をしてしまいます。

そしてニオイ。これはみなさんも経験ありますよね。緩いときの方が臭いって。

僕は過去に何人もの排便を見てきたりトイレの残り香を嗅いだりしてきていますが、やはり下痢便は他のタイプの便よりニオイが強い傾向があると思います。いや、便秘便だって負けてないぞという意見もあるかもしれませんが、下痢便にも便秘便にもそれぞれ特有のニオイがあって、僕は下痢便のニオイの方が臭いと思っています。便秘便は便そのもののニオイより排便前のおならの方が臭いってイメージです。

温泉のような、ゆで卵のような、俗にいう「硫黄臭」(硫化水素臭)の強い下痢臭って嗅いでいて凄く興奮します。当たり前ですが温泉臭やゆで卵臭に興奮する訳ではありません。牛乳をたくさん飲んで緩くなったうんちからは乳製品みたいなニオイがちゃんとしてきますよね。食べた物のニオイに硫化水素臭が混じったニオイが典型的な下痢便臭という事になるんだと思います。

ニラやニンニク、タマネギなんかを食べた娘の下痢はそのまんまのニオイがうんちからしてきますものね。これらの食物に含まれる硫黄化合物は硫化水素を発生させる成分でもあるので、それ自体も変化した硫化水素も両方臭いといううんちを臭くする事に特化した食べ物だとも言えましょう。ぜひ可愛い娘にたくさん食べさせたいものです。

実際にプレイしたりトイレの残り香を嗅いだときに下痢臭を嗅げるとやっぱり嬉しいです。大概の場合そのニオイを発する便を出した本人が一番それを気にしていたりするので、他人に自分の下痢のニオイを嗅がれる側の気持ちを察すると興奮の度合いが高まってきます。

音とニオイという要素にプラスされるものに関しては②で

 

  うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

このあいだTwitterで1113工房の小林十三監督と少しだけお話しさせて頂いた時に、とあるカセットテープの存在を思い出しました。

スカトロビデオの音声から良い所だけ抜き出し編集した自作のオナニー用カセットテープ。

最終的に車の長距離運転中の眠気覚ましに使ったりしてたんですが、元々はオナニーに使うために作ったテープでした。

このブログの読者さんだったら「あれ?この前おならを聴きながら寝るって言ってなかったか?」と思われるかもしれませんが、これは元々オナニー用に作ったものですので寝るときに聴くようなものとは内容が違っていたんですよね。

当時普通にレンタルビデオで借りる事の出来たトイレ盗撮ものからおならや下痢の音を編集したり、スカトロビデオの有名メーカーCUBEの作品からお気に入りのシーンを集めてみたり、興奮するには排便音が大きい方が良いので色んなビデオから浣腸排泄シーンを集めたりしました。それこそ「見ないでぇ~!」という懇願の声と共にブチブチブチブチブビュ~~~とか聞こえちゃうやつです。

その頃まだビデオデッキを所有していなかった僕はデッキをレンタルビデオ店から借りてきて作ったんですよね。

トイレ盗撮は看護婦(看護師)さんが和式トイレに入ってきて、音消しをする前にしゃがんだ瞬間大きなおならをするシーンをリピートで何回も何回も繰り返して編集したなぁ。CUBEの作品からは加賀恵子がスカトロジックな手紙を朗読してるところや、当時としてはかなり可愛い娘だった結城麻美がうんちを気張ってるシーンや、し終わったうんちについて語ってるところなんかを集めたんだよな。浣腸シーンは女の子が恥ずかしくて泣きながら「見ないでぇ~!」って浣腸便を思いっきりヒリ放つやつをセレクトしたな。

その後、ビデオデッキを手に入れてスカトロビデオを日常的に楽しむようになってそのテープの存在を忘れていたんですが、これもかなり前ですが部屋の大掃除中にそれを発見して長距離運転の時の眠気覚ましに使ってたんですよ。

さすがに市街地では音漏れが怖くて再生できませんでしたけどね笑 信号待ちしてる車の中からぶぅ~とかブリブリブリブリ~とか「見ないでぇ~!」とか聞こえてきたらヤバいですもんね。

でも、深夜の峠道なんかでは大音量でそれらを聞いてました。これは効きましたよ。ジーパンとか履いてると膨張したチンチンの行き場所が無くなって痛くなるほど興奮しちゃうんですよ。眠気なんかぶっ飛びます♪

そして冬のある日、深夜の峠道をブリブリ聴きながら運転中に僕は単独スリップ事故を起こして雪山に車ごと突っ込んでしまいました。

確実に死を意識した瞬間でしたが車内のスピーカーからは「見ないでぇ~!」とか流れてる…

この日を境に車内でこのテープを聴くのを止めました。もしあの事故がもっと酷い事故だったら、意識が無かったり死んじゃったりした僕の家族に警察からあのテープが返却される訳じゃないですか、もしそんな事になったらって思ったら怖くて聴けなくなっちゃったんですよ。

確かあの時そのテープを捨てたような気がするんですけれど…
もしかしたらまだ部屋のどこかにあるかもしれません…

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

最近ストレスのせいかなかなか眠りにつけない日が続いていたので久しぶりにある事をしてみました。

ここ数日おならの音を聴きながら寝ています。

これが良い。心地よく眠りにつけます。本当ですよ笑

ヘッドフォンやイヤホンを使わずにスマホから音声を小さく流しっぱなしにして眠るので、あんまりイヤ~ン♪とかイク~~~!とか入ってる動画は再生できません(隣室にいる家族の手前)。ですので、ほぼ女の子の話し声と排泄音しか入っていない最近の1113工房の作品を流しながら眠っています。(スマホだとFANZAのプレイヤーアプリでストリーミング再生できるので便利ですね。)

頭おかしいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、頭はおかしいのです。もともとおかしいのです。昔からこんなんなのです。

性の嗜好的に同じ方向の同志はそれって興奮しない?という疑問を持たれるかもしれません。でもこれは不思議と興奮しないんですよね。とても穏やかな気持ちになって眠れるんですよ。

これにはいくつか要因があると思います。

ひとつは僕の個人的な問題として女性のうんちやおならに興奮と共に癒しを感じる性質があるからというのがあります。あくまでも僕の場合ですが、女性のうんちやおならにその時々で興奮したり癒されたりするんですよね。意識的にそうする場合もありますがその時々の精神状態で無意識に感じ方が変化したりもします。ややこしいですが同時に興奮と癒しを感じてその割合が変化するんですよ。興奮と癒しが1:9だったり5:5だったり8:2だったりといった感じで。

眠りにつく時は自らも癒しを求めるときですので0:10なんですよ。なので普段だったら興奮する音も癒しの音として聴けるんです。

あとは僕がチョイスしている1113工房の作品が癒し成分に満ち溢れているからだと思います。どういう意味なのかと言いますと、これも僕の感覚なんですが1113工房のおならとうんちは日常の排泄の延長線上にあるのでとても癒されるのです。これがSMチックな内容で男性が女性を責める言葉が入っていたり「私の臭いうんち見てぇ~!」とか「見ないでぇ~!」みたいなセリフが入っている作品だと癒しにはならないんですよね。興奮するかもはしれませんが…

眠りへと落ちていくまどろみの中で、遠くの方から聞こえてくるブブゥ~とかブリブリブリブリっていう音はなかなか癒されますよ。

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

2019年8月8日更新「決意⑤」

本文の方は るなさんがスカトロAV撮影に参加した時のお話です。

さぁ~て、今日も るなさんのうんちをジロジロと観察していきますよぉ~♪

あ~、キーマカレー下痢ですね。えっ?ドライカレー?ドライカレーってカレーピラフみたいなやつなんじゃないんですか?それって古い認識なの?ドライカレー?キーマカレーじゃなくて?

まっ、カレーの種別はどうでもいいとしまして…

今回は動画付きです♪
もう安定の音ですね。聞いていて落ち着きます。本当に良い音です。ぷりぷりぷりぷりぶほっ!って弾ける感じがとても良い。るなさんに顔の上に跨ってもらってこのうんちを直接かけて欲しくなる良い音のうんちです。るなさん絶対に嫌がるだろうけど…いや、最近のるなさんだったらいけるか…いや、やっぱり無理か…

 

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

このブログの過去記事(体験談)はぷりぷりうんこ村にあります!
「ぷりぷりうんこ村図書館」

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

2019年7月11日更新「やっぱり和式が好きじゃない ②」

本文は前回の続きですが、るなさんの文には珍しく擬音がちゃんと書かれてますね。ニオイの表現もいつもよりなんかリアル♪

さて!今日は本文のうんちがそのまま写真のうんちなのでじっくりジロジロとるなさんのうんちを観察していきますよぉ~!

え~………少し(かなり)衝撃的な写真ですね(;^ω^)
あの るなさんが和式便器にしゃがんでヒリ出した下痢便です。超可愛い♡ 
本文にも書いてますが るなさんは和式便器にしゃがむときに、踵を床につけてお尻を便器に深く入れ込むタイプではなく、踵をあげてお尻を浮かせた状態にするタイプだそうで、その結果ご覧のように和式便器の縁にまで下痢便を飛び散らしています。これきっと屁混じりの破裂的排便時に飛び散った飛沫だと思われます。音は前回の動画の屁をもっと大きくした感じだったに違いありません。羞恥心の強い るなさんであっても和式にしゃがんだ状態だと腹圧が強くかかってしまって排便の勢いの調整もきっと上手くいかなかったんでしょう。

和式で屁混じりの下痢うんちを腹圧をかけて排便したのですからきっと女子トイレ内だけではなく廊下にまでその音を響かせたい違いありません。

あぁ、廊下でその音を聞きたかった。

 

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

このブログの過去記事(体験談)はぷりぷりうんこ村にあります!
「ぷりぷりうんこ村図書館」

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

2019年7月4日更新「やっぱり和式が好きじゃない」

おぉ~本文は和式便器にうんちをする破目になるお話ですね♪
ちょっと分かりにくいですですけれど、実際に和式便器にしたうんちの写真はこの次の回に公開されています。なのでこの回で公開されているのはいつもの洋式トイレでのうんちです。

それでは るなさんのうんちをジロジロと観察していきますよぉ~!

今回も下痢ですね。これもお薬の影響なのかな…でも、今回は動画付きです。

るなさんの屁が聴けます(・∀・)

洋式便器におならが響いて便器鳴りみたいなのが起きてます。とても良い音です♪
冷静に考えると、おならなんてしなさそうな るなさんの凄い音を僕たちは聴かせてもらってるんですよね。

ありがたいなぁ~

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

このブログの過去記事(体験談)はぷりぷりうんこ村にあります!
「ぷりぷりうんこ村図書館」

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

2019年6月11日更新「決意④」

本文の方はスカトロAVの撮影に挑んだ時のお話になっています。

さて、今日も るなさんのうんちをジロジロと観察していきますよぉ~♪

下痢寸前の柔らかさというか、前日のカレーを次の日の朝ナベを開けておたまですくったみたいな硬さですね。

「Theマシュマロ臭」ですか、まっ、うんちくさいうんち臭って事ですよね。でも、うんちは臭ければ臭いほど可愛いのです♡しかも可愛い娘がひり出したうんちならなおさら可愛いのです。

今回も動画付きですね!あ~ぷりぷりぷりゅぷりゅ可愛くていやらしい音がしっかり聞こえますね。しかもるなさんの息遣いもしっかり聞こえてくる。写真を見ながらこの音を聞いてうんちのニオイを想像するだけで今晩の立派なオカズとなる事でしょう(・∀・)

 

『るなのふわふわマシュマロワールド』

 

このブログの過去記事(体験談)はぷりぷりうんこ村にあります!
「ぷりぷりうんこ村図書館」

うんこ好きが集まるそんな村です。
『ぷりぷりうんこ村』

 

うんちまでもを再現する企業努力・・・僕は嫌いじゃありません( ・`д・´)

PAGE TOP